高性能のDVDオーサリングソフト5選!
> How to > DVD作成ソフトレビュー > 高性能のDVDオーサリングソフト5選!

May 15,2020 • Filed to: DVD作成ソフトレビュー • Proven solutions

最新のブルーレイが普及されていますが、DVDはまだまだ人気があります。そのためさまざまな動画をDVD形式において変換し、保管する人がたくさんいます。根強い人気があるためいろいろなオーサリングソフトがリリースされており、好きなものを選択することが可能です。操作が簡単なので初心者も気軽に利用することができるでしょう。

家庭用再生機器で再生することができるDVDはDVD-VIDEOという形式です。映像ファイルを機器に入れるだけではプレイヤーで再生できないようになっています。プレイヤーで見るためには映像ファイルを必ずVIDEO形式に変換しなければいけません。この作業をオーサリングと呼んでいます。オーサリングを行うため、オーサリングソフトをパソコンにインストールすることになります。いろいろなソフトがあり、無料のものや有料のものまで様々です。高性能のソフトをいくつかご紹介します。

高性能のDVDオーサリングソフト5選

TOP1:DVD Memory 数多くの動画形式に対応可能

おすすめ第1位は「DVD Memory 」です。
さまざまな形式の動画を焼くことができます。多彩な動画や写真などを編集することができ、フォルダやISOファイルなどに書き込むことが可能です。大画面のテレビやMacのプレーヤーで再生することができ、多彩なテンプレートでオリジナルシーンを作成することができるでしょう。ビデオエディタが内蔵されていて、書き込む前にトリムやクロップ、回転やエンハンスすることが可能です。例えば画面をクロップし好きな場所だけ拡大表示することができ、動画の不要な部分を削除することができます。画面の明るさや彩度などを調整することができ、動画に透かしを入れることが可能です。

TOP2:Wondershare DVD Memory 初心者もすぐに作業できる

おすすめ第2位はWondershare「DVD Memory」です。旅行やイベントなどで撮影した写真やMP4動画などをビデオ化することができます。オーサリングとしてもおすすめで、難しい操作や設定などを行わなくても簡単に作成することが可能です。対応しているファイル形式が多く、初心者もすぐに作業することができます。多くの動画を結合することができるのに、動きが遅くなることもありません。

TOP3:DVD Flick 各種動画ファイルを変換することができる

おすすめ第3位は「DVD Flick」です。ほとんどの動画ファイルを使用することができ、機能重視というより使いやすさが重視されています。短時間でオーサリングすることができるのですが、ダウンロードした後日本語化しなければいけません。

TOP4:DVDStyler 動画や音楽ファイルに対応している

おすすめ第4位は「DVDStyler」です。メニュー画面付きに変換することができ、自由度の高いメニューを作成することができます。メニュー画面をいくつか作成したり背景に動画を使うことが可能です。リンクボタンに好きな画像を使うことができ、多くの動画や音楽ファイルの形式に対応することができます。尚、日本語化する必要があり文字化けするケースもあるので注意が必要です。第5位は「Windows DVD メーカー」です。気軽に操作できるオーサリングソフトで、いろいろな動画や画像ファイルを元にプレイヤーで再生することができるDVDを作ることができます。完成したデータを書き込みすることができたり、自動チャプター設定機能などもあります。多くの形式に対応しているので簡単に変換することが可能です。

TOP5:Windows DVD メーカー

第5位は「Windows DVD メーカー」です。気軽に操作できるオーサリングソフトで、いろいろな動画や画像ファイルを元にプレイヤーで再生することができるDVDを作ることができます。完成したデータを書き込みすることができたり、自動チャプター設定機能などもあります。多くの形式に対応しているので簡単に変換することが可能です。

いろいろな変換ソフトがリリースされていますが、中には無料で利用できるものもあるので便利です。メニューテンプレートが多くあったり、チャプターを付けることができます。特に便利なのがイベントや旅行などで撮った写真や映像などを整理するのに便利です。テーマ別に分けて再生することができたり、気軽に編集することができます。いろいろな機能が搭載されているので、例えばメニュー画面からボタンを押すと好きな場面に飛ぶことができたり、メニュー画面において好きなようにカスタマイズすることが可能です。


DVD Memory を使ってDVDを作成する方法

Step 1 DVD Memoryを起動して、「DVDディスクを作成」または「ワンクリックでDVDを作成」をクリックします。

ソフトを起動する

Step 2 動画ファイルを選択し、プログラムにインポートします。

プログラムにインポート

Step 3 DVDメニューを選択し、ビデオをプレビューします。

select a menu

Step 4 作成ボタンをクリックし、DVD作成の画面に入り、設定完了後、「作成」をクリックし、動画をDVDに焼くことが出来ます。

DVDに焼く

さまざまなDVDオーサリングソフトが販売されており、自分の希望やニーズに合わせて選択することが可能です。いろいろな機能が搭載されているので好きなシーンを作成することができ、オーサリング作業が終わったらプレイヤーで再生することができます。いろいろなアレンジを行うことができるので、自分のオリジナル作品を作ることができるでしょう。

0 Comment(s)

関連トッピクス

All Topics

Top