本、戸籍、地図まで電子化される21世紀、誰でも手軽に動画を撮れる時代になりました。その一方で、デジタル機器に詳しい人とそうでない人の隔たりも大きくなっています。動画に関して言えば、あらゆるデバイスを用いて撮影し、保存しておくことは簡単ですが、形式を変換したり、編集をしたりといったことについては豊富な専門知識がなければ難しい状況です。したがって、動画の編集やDVDなどへの焼付けを諦めている人が相当数いるであろうことは想像に難くありません。

編集して体裁を整えれば面白い作品が作れそうな動画を持っているのに、それをする手段や知識が乏しいためにできないのは、もったいないと思いませんか?しかし、そうは言っても初心者にも使える編集ソフトなどあるのかと疑う人もいるでしょう。あるいは、せっかく購入したソフトが、持っている動画のファイル形式に対応していないかもしれないという不安があるでしょう。例えば、MODファイルは音声データの記録方式の一つですが、再生できるソフトやメディアプレイヤーが少ないので、他の形式に変換して扱うことが多いです。そのような不安を一掃してくれるのが、「iSkysoft DVD Burner for Windows」というDVD作成ソフトです。

DVDにMODのビデオを編集して、変換する方法

これは、ほとんどあらゆるファイル形式に対応しているため、購入してから編集・再生ができないという事態の発生をかなりの確率で防ぐことができます。もちろん、MODファイルからのDVD作成もしっかりサポートされています。

それでは、便利なDVD作成ソフト「iSkysoft DVD Burner for Windows」を利用してオリジナルDVDを作る方法を解説していきます。

ソフトを使うためには、あらかじめインストール(ダウンロード版ならダウンロード)を済ませておく必要があります。その際にお手持ちのパソコンが動作環境を満たしているか、必ず確認してください。準備ができたら、ソフトを立ち上げます。

ステップ1 MODファイルをインポート

MODファイルをインポート

最初に、編集で使用したい動画を読み込みます。ソースタブのインポートボタンをクリックしてください。お好きなMODファイルを選択しましょう。

ステップ2 写真や動画を編集

インポートした動画を編集していきます。回転やカット、ズーム、特殊効果など多彩な機能が用意されています。

写真や動画を編集

満足いく状態になったら、メニューやチャプターなどの詳細設定を行います。


ステップ3 DVDを作成

すべてをプレビューして問題がなければ、いよいよDVDに焼きます。

DVDを作成

いかがでしたか?初心者だけど手軽に楽しくDVD作成をやってみたいという方は、まずは無料体験してみてください。

Back to top