拡張子tsのファイルをDVDにしたい

オリジナルDVDの作成と言えば編集用のソフトや動画のファイル形式などの専門知識を必要とし、敷居が高いイメージがあると思います。時間とお金もかかるため、なかなか手が出せないという方も多かったのではないでしょうか?ところが、これからご紹介するソフトを使用すれば、簡単操作でプロに作ってもらったのではないかと錯覚するほどのクオリティーでオリジナルDVDを作ることが可能です。今回はタイトルにある通りTSファイルのビデオを素材としてDVDにする方法をお伝えします。

TSファイルとはデジタル放送などで映像と音声のデータを固定の長さで送受信するためのデータ形式で、これをそのままファイルに記録したものをTSファイルと呼んでいます。現在、デジタル記録用ディスクとして主流になっているブルーレイディスクの記録方式の一つでもあります。それでは、このTSファイルの動画を用いてオリジナルDVDの作成を始めましょう。

動画を編集するために使用するソフトは「iSkysoft DVD Burner for Windows」です。下記の「無料お試し」ボタンをクリック、ダウンロードしてください。

iSkysoft DVD Burner for Windowsの特徴

このソフトの最大の特徴は動画・写真の形式を選ばないことです。そのため、あらゆるデジタル機器で撮影または録音した素材を使用することができるので、機材を統一したり、形式を変換したりといった面倒な下準備が不要となります。ビデオの編集機能も優秀で、向きの修正、カット、クロップ、テキスト追加などができます。テンプレートを使用すれば、チャプターメニューが自動で作成されます。

  • 1

    画像と動画などの素材をソフトにインポートします。

  • 最初に、「iSkysoft DVD Burner for Windows」を起動します。ソフトを開いただけでは編集をすることはできませんので、ビデオ素材を追加しましょう。インポートボタンをクリックしてオリジナルDVDに使いたいTSファイルを読み込みます。
  • 2

    画像と動画などの素材を編集します。

  • 編集したいビデオを選択すると、エンピツのようなアイコンが出てきます。それをクリックすると、編集画面になるので好きなように編集してみてください。どうしてもうまくいかないという場合はリセットボタンで元に戻すことができます。
  • 3

    DVDメニュー作成します。

  • 満足がいくように仕上がったら、最終調整に入ります。まず、メニュータブを選択してください。ここでは、デフォルトの状態から背景やBGM、テキストなどを追加してカスタマイズしていきます。同時に、チャプターも作成します。チャプターとは、ビデオを等間隔に分割し、見たいシーンのところから再生をスタートできるメニューのことです。上映会などをする時に役立つ機能です。手動で作成もできますが、自動におまかせしてしまうのが一番楽です。
  • 4

    TSからDVD作成します。

    チャプターの作成が終わったら、プレビューでビデオ全体の出来栄えを確認してください。よろしければ、DVD作成をクリックして先に進みます。破損や汚れ、傷のないDVDディスクを挿入します。詳細を設定して再度DVD作成ボタンを押すと、待望の自作DVDの完成です!


Back to top