M4VファイルをDVDに焼く方法

M4VファイルはMP4と似ていますが、別物のファイルです。MP4は高画質で高圧縮の人気の動画フォーマットです。一方のM4VはAPPLE独自の規格で、iPhoneで動画を撮影するとM4Vの形式で保存されます。ちなみ、この2つのファイルはQuickTimeで再生ができます。

スマートフォンはiPhoneでもお使いのパソコンはWindowsという方も多いと思います。そのような場合でもiPhoneで撮影したM4Vファイルの動画をWindowsに簡単にコピーを取ることが可能です。そして、WindowsでM4Vファイルの編集をしてDVDの形で再生できれば自宅のテレビで見るだけではなく、プレゼントにも最適です。M4VファイルをDVDに焼くには変換ソフトが必要です。フリーソフトでも変換は可能ですが、せっかく使うのなら自分が扱いやすいソフトが1番です。

そこで、おすすめのソフトが「iSkysoft DVD Burner for Windows」です。フリーソフトではないのですが、価格もお手頃で初心者の方でもわかりやすい操作でM4VファイルをDVDにすることができます。


今回はこの「iSkysoft DVD Burner for Windows」を使って、M4VファイルをDVDに焼く方法をご紹介していきます。

1. M4Vファイルをソフトにインポート

最初の作業はM4Vファイルをソフトに読み込みます。読み込みは任意のファイルをソフト上にドラック&ドロップするだけでOKです。ファイルが複数ある場合でも簡単に読み込めます。これで、読み込み作業は終了です。

2. M4V動画を編集

読み込んだ動画を選択して編集を加えることもできます。

編集作業ではトリミングはもちろん、映像にエフェクトや透かし文字を追加するなどオリジナルの映像作品を作り上げることができます。また、iPhoneで撮影した際の動画の向きもワンクリックで回転させ、修正も簡単です。

3. DVDメニューを作成

さらには、市販されているDVDのようなメニュー画面を自作することも「iSkysoft DVD Burner for Windows」なら可能です。テンプレートの中からお好きなものを選んで自由にメニュー画面を作成できます。家族や友人にも驚かれること間違いなしです。

他のファイルからDVDに変換する時、画質は重要なポイントです。DVDでもきれいな映像を楽しむには、画面下の「標準」の項目をクリックし、「高品質」に変更します。

4. M4VファイルをDVDに書き込み

そして、最後の作業であるM4VファイルをDVDに焼きます。まずは「DVD作成」の項目をクリックして作成画面に移ります。空のDVDを挿入し、保存先やタイトルなどの設定をします。設定が完了したら、画面下の「作成」ボタンをクリックします。これで、一通りの作業は完了です。

これだけの簡単な作業でM4VファイルのDVDへの書き込みがスムーズに行なえます。それに加え、高度な編集機能もついています。是非、おすすめしたいソフトです。

この「iSkysoft DVD Burner for Windows」はM4Vのファイル以外にもAVIやWMVなど多くのフォーマットにも対応しているので、様々な場面で活用して頂けると思います。

操作デモをご覧ください。

Back to top