MTSをDVDに書き込む方法

高品質でMTSファイルをDVDに変換したい!

MTS(.mts)とはパナソニックとソニーの間で取り決められたビデオカメラでハイビジョン映像を撮影するAVCHDという規格の拡張子です。そのため、このMTSとついた拡張子の動画は高画質になります。ですが、高画質のためにMTSファイルをプレーヤーですぐには再生できない場合があります。このような場合はWMVやMP4などのフォーマットに変換するのも一つの方法です。しかし、イベントなど記念の映像の場合、パソコンの小さい画面ではなく、MTS形式をDVDに作成して大きなテレビ画面で楽しみたいという方も多いはずです。

mts-to-dvd

「mts dvd 書き込み」ソフト

MTSをDVDに焼くには変換ソフトが必要になります。サイトで調べてみれば、MTSファイル対応のDVD変換するフリーソフトはいくつかありますが。しかし、それ以上に簡単で余計な操作なく、MTSファイルをDVDに作成できる優れたフリーソフトがあります。
それは「iSkysoft DVD Burner for Windows」です。

それでは、MTS動画をDVDに変換する方法の簡単な説明したいと思います。
はじめに、このような変換操作は難しいと思いいている方があるのですが、このソフトを使うなら安心です。
Mac版は操作はほぼ同じ簡単なステップで変換を操作しますので、一応試してみてください。

まずは、下記ボタンをクリックし、ソフトを無料ダウンロードし、お使いのPCにインストールしてください。そして、ソフトを立ち上げます。

     

MTSをDVDに高品質に変換する簡単な方法


ステップ1 DVDに書き込みたいMTSファイルを追加する

まずは、下記のように、MTSファイルをソフト画面上にドラック&ドロップします。
複数のMTS動画を追加し、一気にDVDに変換することもできます。その時に「タイトル」を追加して、MTSを分類して管理してください。

DVDに焼きたいMTSファイルを追加する


ステップ2 DVDに変換する前に、MTSファイルを編集する

DVDに作成する前、撮影された動画を簡単にトリミングで不要な部分をクロップ・カットする必要がありますね。 読み込みの後は動画を選択し、編集を加えることができます。
動画の明るさなどを調整し、拡大表示も可能です。動画のちょっとした説明などには透かし文字が便利です。この他にもマウス操作で簡単に不要な部分を削除できるトリミング、テンプレートを自由自在にカスタマイズしてDVDメニューを作成できる機能も用意されています。

DVDに変換する前に、MTSファイルを編集する


ステップ3 DVDメニュー作成でMTS動画を管理する

編集が終了したら、早くもMTSファイルをDVDへと書き込みをする作業です。その前に「iSkysoft DVD Burner for Windows」の便利な点を紹介します。それはDVDメニューと画質についてです。クラシック、自然背景、ファミリーテーマ、祝日テーマ、旅行テーマなど、カスタムなどDVDテンプレートが大量に内蔵されます。 
また、画面下に品質の選択項目があります。それを「高品質」に変更することによって、DVDに焼く際にMTSファイルの高画質の映像も劣化せずに楽しむことができます。

 DVDメニュー作成でMTS動画を管理する


ステップ4 MTSファイルをDVDに作成開始

DVDへの書き込み作業はDVD作成の項目から作成画面に移ります。空のDVDを挿入し、DVDの設定を確認します。タイトルを入力して最後はDVD作成ボタンをクリックすれば、書き込みは完了です。

MTSファイルをDVDに作成する


「iSkysoft DVD Burner for Windows」ならMTSファイルから簡単操作であっという間にDVD作成が可能になります。
家族旅行などの映像をDVDにするにはぴったりだと思います。
無料の体験版もダウンロードできますので、Windowsをお使いの方に是非、おすすめしたいソフトです。

iSkysoft DVD Burner For Windows

  • Blu-ray、DVD、ISOイメージへの出力が可能
  • 高画質MTS、HD、MP4、MOV、WMV、M2TS、VOBなど、多数な動画·音声·画像形式の入力に対応
  • 動画編集機能付きで、DVDに 書き込める前に、まずビデオを編集することができる
  • 写真を追加するだけに自動的にスライドショーを作成し、チャプターで写真を整理できる
  • 多彩なテンプレートで自分なりの個性的なDVDメニューをカスタマイズ可能!
  • Macシステムも対応→Mac版こちらへ
Back to top