AVCHDビデオをDVDに作成する方法とソフト

AVCHDとは?

ビデオカメラの規格にAVCHDというものを見かけます。あまり聞きなれない言葉ですが、AVCHDとはパナソニックとソニーの間で取り決められたハイビジョン映像をビデオカメラで撮影できる規格です。この規格で撮影された映像はメモリーカードなどに保存され、長時間の撮影が可能です。 さらには、カメラとテレビをケーブルでつないで撮影した高画質の映像が簡単にテレビで楽しめます。AVCHDという規格は高画質で非常に便利と言えます

AVCHDをDVDに変換し、プレヤーで再生するには?

しかし、ビデオカメラで撮影した大切な映像はいつもまでも残しておきたいと思う方も多いはずです。そんな時はDVDがおすすめです。DVDプレーヤー等があればより手軽に動画を楽しめるようになります。ただ単純にAVCHDの動画をDVDに変換するならフリーソフトで作業はできます。
ですが、より簡単な操作でDVDを作成したいとお考えなら
iSkysoft DVD Burner for Windows」というソフトがおすすめです。

まずは下記ボタンをクリックし、「AVCHD DVD 書き込み」ソフトをダウンロードし、インストールして試してみましょう!

「TIPs」:
以下のガイドはWindows向けのAVCHD-DVD 変換を例に説明します。Mac版もほぼ同じように操作します。

avchd-to-dvd

     

高品質でAVCHDの動画をDVDに変換する方法


ステップ① DVDに焼きたいAVCHD動画を追加する

まずはAVCHD形式の動画をソフトにインポートします。インポートはソフトの項目からクリック操作でも可能ですが、動画を直接、ドラック&ドロップで簡単に読み込むことができます。

「TIPs」 DVDにたくさんのAVCHD動画を書き込む場合、DVDタイトルを追加し、チャプター付きで動画を分類できます。

DVDに焼きたいAVCHD動画を追加する


ステップ② DVDに書き込む前に、まずAVCHD動画を編集する

ビデオカメラで動画を撮影していると、後になって不要な部分も出てくるかと思います。その時にはインポートしたAVCHDの動画に編集を加えることができます。トリミングもマウス操作でできるので、初心者の方でも簡単だと思います。その他にも映像の表示サイズの変更や透かし文字の挿入なども可能です。

DVDに書き込む前に、まずAVCHD動画を編集する


ステップ③ DVDメニューを選択する(オプション)

動画のインポートから編集作業を経て、最後はAVCHDの動画をDVDへと書き込みます。その前に注意点があります。上記で説明した通り、AVCHDは動画は高画質です。DVDにする際に画質が劣化する可能性があるので、画面下にある「標準」となっている品質の部分を「高品質」に設定します。これでDVDでもきれいな映像が楽しめます

DVDメニューを選択する


ステップ④ AVCHD動画をDVDに作成する

「DVD作成」の項目を選択してDVDの作成に移ります。まずは空のDVDを挿入し、保存先や設定の項目を確認します。問題がなければ、画面下の「作成」ボタンをクリックしてAVCHDからDVDへの変換作業は完了です。

 AVCHD動画をDVDに作成する


iSkysoft DVD Burner for Windows」なら簡単な3つ作業でAVCHD形式の動画をDVDに変換できます。
皆さんにも是非、活用して頂きたいです。

iSkysoft DVD Burner For Windows

  • Blu-ray、DVD、ISOイメージへの出力が可能
  • 高画質MTS、HD、MP4、MOV、WMV、M2TS、VOBなど、多数な動画·音声·画像形式の入力に対応
  • 動画編集機能付きで、DVDに 書き込める前に、まずビデオを編集することができる
  • 写真を追加するだけに自動的にスライドショーを作成し、チャプターで写真を整理できる
  • 多彩なテンプレートで自分なりの個性的なDVDメニューをカスタマイズ可能!
  • Macシステムも対応→Mac版こちらへ
Back to top