現在、多くの映画は容量の大きいDVDフォーマットで発売されています。そのため、DVDをMacやWindowsで再生したいでしょう。たくさんDVDを持っており、ほぼ全てのDVD再生に対応する最良のDVDプレイヤーを見つけたいと思うかもしれません。もしそうであれば、ここは最適の場所です。この記事では、どんなDVDも再生できる、Mac (Yosemite)とWindowsのための無料DVDプレイヤーソフトTop 6をご紹介します。ぜひ読み進めて下さい。

無料DVD再生ソフトTop 6

#1. iSkysoft DVD Burner (Mac と Windows)

iSkysoft DVD Burner for Mac (もしくはiSkysoft DVD Burner for Windows)はMacとWindows対応の簡単なDVDプレイヤーだけではなく、DVDクリエイターとして特別にデザインされています。もしファミリームービーを撮っていたり、インターネットからお気に入りのビデオをダウンロードしたりしたら、このDVD再生ソフトを使用してDVDを作成できます。ビデオや映画をテレビのDVDプレイヤーや他のメディアプレイヤーでいつでも再生できるのです。ぜひ試してみて下さい!

iSkysoft DVD Burner for Mac 

#2. Apple DVDプレーヤー

Apple DVDプレーヤーを使うにはDVDビデオディスクをパソコンに挿入すると自動的にディスクのDVDメニュースクリーンが表示されます。メニューアイテムを選択するにはマウスを使用する必要があります。DVDプレイヤーのリモコンのナビゲーションボタンを使用することも出来ます。フルスクリーンモードになっている場合、スクリーンメニューバーを見ることが出来ませんが、スクリーンの上部にポインターを動かすことによって、簡単にアクセスできます。ウインドウサイズを変更するにはMac OS X v10.6以上の表示メニューかビデオメニューからからサイズを選択してください。動画を再生するにはDVDメニューのPlay Movieをクリックします。DVDプレイヤーのリモコンでDVDを再生している場合は、字幕のオン・オフやチャプターのスキップ、早送りや巻き戻し、停止、一時停止などができます。

メリット:
  • Mac機器とセットで、完全に無料
デメリット:
  • DVDプレイヤーのある内蔵の光ドライブか外付けのApple USB SuperDriveが必要
プラットフォーム:
  • Mac OS X 10.5以上

Apple DVD Player 

#3. VLCメディアプレイヤー

VLCメディアプレイヤーでDVDディスクを再生するにはファイルメニューを開き、Open Discを選択します。 Open Disk Dialog Boxにいる間に、DVDを選択します。DVDの読み込みをする際、wxWidgetsインターフェースからDVD Disc Typeを選択するとDVDメニューを起動できます。 Mac OS XインターフェースでもUse DVD menusを選択することで同様のことができます。関連のあるドライブレターかデバイス名をデバイス名入力ボックスに入力し、読み込みたいDVDを含むドライブを選択します。Mac OS Xでは自動的に検出されます。OKをクリックすると再生がスタートします。

メリット:
  • 簡単に使え、フレキシブルで軽量、HDとBluRayディスクに対応
デメリット:
  • ユーザーインターフェースがベーシックでMacバージョンでは微妙
プラットフォーム:
  • Mac OS X, Windows

VLC Media Player 

#4. Mac Media Player(マックメディアプレーヤー)

Mac Media PlayerはMacでDVD映画を楽しむには最良のDVDプレイヤーかもしれません。初心者はこれをMacのデフォルトDVDプレイヤーに選択する必要があります。ハードウェアのCDs & DVDsを開き、ビデオDVDをインサートする時とマークされたアイテムに対して無視を選択します。ドライバーにDVDをインサートします:DVDによって自動的に開いたり、開くボタンを使用して開いたりするものがあります (Open File or Open Disc)。DVD ISOファイルを再生するにはOpen Fileボタンを選択し、ファイルのロケーションに進み、PLAYを押して再生をスタートさせます。

メリット:
  • Mac Media Playerはハイデフィニションビデオプレイヤーで、ハードウェアアクセラレーション機能がある
デメリット:
  • システムの容量を多く使用する可能性がある
プラットフォーム:
  • Mac OS X 10.5 から 10.9 for V2.9.2

Mac Media Player 

#5. MPlayerOSX

MPlayerOSXパッケージはMPlayerOSXとSMPlayerを初期段階のアプリケーションとして同時にインストールすることを理解しておくことは重要です。MPlayerOSXはMplayer (Linux’ Movie Player)の二極分布で、Mac OS Xに固有のものです。インストールしたらドラッグ&ドロップをしてDVDファイルをフルスクリーンやウインドウモードで再生できます。

メリット:
  • 軽量でビデオの互換性は素晴らしく、他のプレイヤーより好まれている
デメリット:
  • MPlayerOSXではプレイリストの保存が出来なく、メニューにアクセスしようとするとビデオは一時停止し、ソフトウェアが時々不安定
プラットフォーム:
  • Mac OS X 10.5以降

MPlayerOSX 

#6. QuickTime

QuickTimeを使ってハードディスクやDVDでDVDムービーファイルを開けます。FinderかWindows Explorerを使用し、ファイルをダブルクリックするか、QuickTime Playerアイコンにドラッグします。メニューオプションからファイルを選択し、Openをクリックし、再生したいファイルを選択することもできます。

メリット:
  • QuickTimeは使いやすいインターフェースで、OS CやPROと良く統合し、ビデオファイルを編集したり変換したりできる
デメリット:
  • 開くのに時間がかかり、MacのQuickTime Xに取って代わられており、定期的なアップデートが必要
プラットフォーム:
  • Mac OS X 10.3.9以降とwindows

QuickTime 

Back to top