Mac用のDVD作成ソフトTOP4

Mac用のDVD作成ソフトTOP4

> How to > DVD作成ソフトレビュー > Mac用のDVD作成ソフトTOP4
By 中島直人 | Apr 25,2018 10:13 am

ここ数年、Macパソコンで使用率が上昇に伴って、Macに保存されているビデオや写真を編集し、DVDに焼く人もどんどん増えています。DVDに作成したら、Macで編集されたビデオをだ画面TVでDVDプレヤーで再生し、家族や友人たちと一緒に楽しむことができるからです。
また、Macパソコンの容量はWindowsPCに比べれば非常に限定されていて、MacにあるビデオをDVDに保存し、Macの容量を開放させたい方も数なくありません。
そして、MacのムービーをDVDに書き込むには「Mac用DVD焼くソフト」が必要となります。今、市販されたいるDVD書き込みソフトはばらばらで、みんな価格や使い勝手は違っていて、選択には迷いがちな方は結構いますよね。

そして、今回は、Macパソコンで初心者でも簡単に使えるDVDライティングソフトをおすすめします。ご用途に合わせて比較しながら自分に合ったMac dvd 作成 ソフトを選んでください。


Part 1: Mac用DVDライティングフリーソフトTOP4

Mac用のDVDラ作成フリーソフトとして、下記の4つをおすすめします。それではDVD作成時の書き込み速度や、使い勝手などの面で各ソフトを紹介します。

TOP1:「Burn」ーMac向けDVD焼く無料ソフトNO.1

BurnはMac向けDVD作成フリーソフトとして、大きな人気を集め、「Mac用無料dvd書き込みソフト」のTop1と言っても過言ではありません。

・ メリット: 
まずは永久にフリーで使える点ですね。あとは、Burnはほぼ全ての形式ファイルをDVDにフリーソフトなので、MacOSのほぼ全てのバージョンでも利用されます。

・ デメリット: 
DVDへ焼く前に、まずはMPEG形式に変換しなければならないので、、画質の劣化になりがちのことと、書き込む時間はかなり長くなるなどデメリットとして挙げられています。

dvd作成ソフト 無料burn

TOP2:iSkysoft「DVD Burner」ー高画質のDVDへ簡単作成!

「DVDの作成とディスク書き込み」作業が非常に簡単なアプリで、説明書もいらなく、初心者からプロのユーザーまでどなたでも簡単に使用できるように、非常に使いやすく、親しみやすいインターフェイスを備えております。
このソフトを使用すれば簡単かつ迅速にDVDを書き込むことが可能です。


・ メリット: 
シンプルなインターフェースでわずか3ステップでメニュー付きのDVDディスクを書き込めます。書き込みソフトはほかのソフトと一段違い。
対応形式も多く、MP4やAVI、MOV、3GP、FLVなどのビデオファイルの他、JEPGなどの画像ファイルも直接に高速かつ高画質でDVDに焼けます。
編集機能付きで、DVDへ作成する前に、ビデオのトリミングやカット、明るさなどの調整もできます。
リアルタイムプレビュー機能もあるので、作成前にDVDをチェックできます。

・ デメリット:
ライティングソフト無料体験版ですから、DVDに書き込みすることはできますが、いくつかの機能に制限されたいます。

ここをクリック→Macで3ステップでDVDを焼く方法の詳しい手順

dvd作成ソフト無料dvd-burn

TOP3:Disc Burner ディスクバーナー

CENTROMEDIA社製の無料dvd書き込みソフトである「ディスクバーナー」は便利なDVD作成アプリケーションです。

・ メリット:
他のdvd作成ソフトやディスクバーナーとは異なり、音楽、写真、ビデオをDVDに書き込めるだけでなく、データのセキュリティも非常に優れています。
セキュリティ機能がCDやDVDなどの貴重なデータをしっかりと保護してくれるため安心できます。

・ デメリット:
日本語版はありませんので、英語のインターフェイスはなんといっても不親切感がありますよね。

dvd作成ソフト無料discburner

TOP4:Disco(ディスコ) 

ディスコは、エレガントなユーザインターフェイスが搭載された人気のDVDライティング無料ソフトです。プログラムにファイルをドラッグ&ドロップするだけでCD/DVDを焼くことができ、再生も可能になります。

・ メリット:
ディスコのライセンスが無料で取得できるということはこのソフトです。 インターフェイスもわかりやすく、書き込み速度はほかのフリーソフトより速い。

・ デメリット:
問題点として挙げられるのは2011年6月で開発とサポートが正式に廃止されました。

dvd作成ソフト無料Disco

Part 2: 3ステップでMacでDVDを焼く方法

Step 1 dvd作成ソフト「DVD Burner」をMacにインストール

まずは、下記ダウンロードボタンをクリックし、「dvd 作成 ソフト」を無料でお使いのMacにダウンロードし、インストールしてください。
そして、Macの「アプリケーション」からソフトを立ち上げてください。


Step 2 Macに保存されているビデオをDVD作成ソフトに追加

DVDに作成したいビデオをソフトに追加します。
方法①:ドラッグ&ドロップで、直接デスクトップからソフトにファイルをドラッグします。
方法②:「+」ボタンをクリックして、ビデオを選択して追加します。

「TIPS」:複数のPDFファイルを同時にソフトに取り込むことができます。

Macに保存されているビデオをDVD作成ソフトに追加

Step 3 DVDに作成する前に、ビデオを編集する

スマホやデジカメで撮った日常生活のビデオですから、きっといらない画面や部分があると思います。
「編集」ボタンをクリックし、ビデオの編集画面に入ります。ここでビデオをトリミングしたり、明るさなどを調整したり、さらにビデオを片付けましょう。

 DVDに作成する前に、ビデオを編集する

Step 4 オリジナルのDVDメニューを作成

ソフトには数十種類のメニューテンプレートを提供していて、ご自由に選択し、使用することができます。
またメニューの背景やBGMなど自由にカスタマイズできるので、個性的でオリジナルのメニューを作れます。

「TIPs」 一番下の方に出力するDVDの画質を選択することができます。

オリジナルのDVDメニューを作成

Step 5 MacでDVDを焼く

作成されたDVDムービーをプレーボタンでプレビューをします。問題なければ、DVDに作成することを始めます。
DVDに焼き始めるにはMacでDVDを焼くをクリックして、表示されるウィンドウで、ムービーに名前を付け、適切なTV規格を選択します。
「保存」ボタンをクリックすれば、MacでDVDを焼き始めます。

ウィンドウズムービーメーカーの動画をDVDに書き込む


関連トッピクス

All Topics

Top