QuickTimeのMOV動画をDVDに焼く方法

MOVとは?

MOVがApple Computerによって開発されたマルチメディア、ストレージそして再生テクノロジーだということは多くの人がご存じだと思います。それに加え、新しい世代のデジタルカメラはMOV形式で高品質のビデオを録画します。

mov-to-dvd

MOVをDVDプレヤーで再生するには?

MOVは人気ですが、そのMOVファイルは直接DVDプレイヤーで再生できないのです。しかし、多くの人がビデオをどのDVDプレイヤーでも楽しむために、QuickTime MOVをDVDに焼きたいと思っています。解決策はあるのでしょうか?
もちろん。必要なのはMOVファイルをDVDに焼くソフトです。ここで紹介したいのはiSkysoft社製の「DVD Burner for Windows」です。このソフトを使えば、シンプルな操作でMOVファイルをDVDに書き込めます。 ビデオ編集・DVDメニュー作成などの機能も備わっていますので、オリジナルで個性的なDVDを簡単に作成されます。

まずは下記ボタンをクリックし、「MOV DVD 書き込み」ソフトをダウンロードし、インストールして試してみましょう!

「TIPs」:以下のガイドはWindows向けのMOV-DVD 変換を例に説明します。Mac版もほぼ同じように操作します。

     

QuickTimeのMOVをDVDに書き込む簡単方法


ステップ① QuickTimeのMOVファイルを読み込む

「インポート」をクリックし、ハードドライブからMOV動画を追加します。ビデオサムネイルをダブルクリックし、ビデオのプレビューをして、必要であれば音量の調整をおこないます。

「TIPs」 書き込むMOV動画がたくさんある場合、DVDタイトルを編集し、動画を分類できます。

 QuickTimeのMOVファイルを読み込む


ステップ② Quick TimeのMOV動画を編集する

MOVをDVDに書き込む前に、不要な部分などをトリミングしたり、動画を回転させたり、彩度などを調整したりする必要がありますね。。ビデオタイトルの横にある編集ボタンをクリックすると、以上の編集ができます。

Quick TimeのMOV動画を編集する編集する


ステップ③ DVDメニューをカスタマイズする(オプション)

DVDに書き込むMOVファイルが多い場合、DVDメニューを分類などしたりすることをおすすめします。メニュータブをクリックし、50以上のそのまま使えるテンプレートからお好きなものを選び、それをカスタマイズすることができます。

DVDメニューをカスタマイズする


ステップ④ Quick Time MOVからDVDへの変換開始

プレビュータブをクリックしてビデオを再生し、修正する箇所がないか確認します。最後に、「Burn」ボタンをクリックするとMOVからDVDへの変換が始まります。

QuickTime MOVからDVDへの変換開始


以上の手順でQuickTimeのMOV動画をDVDに変換されましたが、いかがでしょうか?
DVD Burner for Win を使えば、家で家族とムービーを楽しむためのMOVファイルを簡単にDVDに変換することができます。

操作デモ QuickTimeのMOV動画をDVDに書き込む手順

知識共有:Quick Timeビデオの再生とDVDディスクの選択

1.もしパソコンでQuick Timeムービーを再生したいのであれば、MacやPCにQuick Time Playerがインストールされていることを確認して下さい。Quick Time PlayerはAppleで無料入手が可能で、AppleのQuick Timeページからダウンロードできます。

2.普通のDVDプレイヤーで再生するためにQuick TimeビデオをDVDに書き込みたい場合、今日のホームDVDプレイヤーのほとんどで利用可能なDVD-Rがおすすめです。書き込みをする前に、TVスタンダードにも注意する必要があります:NSTCかPAL。一般的に"NTSC"の30fpsはアメリカ、カナダ、日本で使用されており"PAL"は25fpsでヨーロッパとアジアで使用されています。

iSkysoft DVD Burner For Windows

  • Blu-ray、DVD、ISOイメージへの出力が可能
  • 高画質MTS、HD、MP4、MOV、WMV、M2TS、VOBなど、多数な動画·音声·画像形式の入力に対応
  • 動画編集機能付きで、DVDに 書き込める前に、まずビデオを編集することができる
  • 写真を追加するだけに自動的にスライドショーを作成し、チャプターで写真を整理できる
  • 多彩なテンプレートで自分なりの個性的なDVDメニューをカスタマイズ可能!
  • Macシステムも対応→Mac版こちらへ
Back to top