MacでQuickTime動画をDVDに焼く方法

お使いのMacに保存されているいくつかのQuickTimeムービーがあるでしょう?これらのQuickTimeムービーはお使いのMacの多くのスペースを取っていて、領地を解放するため、またはQuickTimeムービーをDVDプレーヤーで再生するためにQuickTimeムービーをDVDに焼くのは最善の方法です。

QuickTimeムービーをDVDに変換するなら、DVD作成ソフトが必要です。

専用のDVD作成ソフトiSkysoft「DVD Burner for mac」はおすすめです。このソフトでMacのDVDプレイヤーで直接再生できるように、DVDディスク、DVDフォルダ、ISOまたはdvdmediaファイルを焼くことができます。 DVD作成機能だけではなく、「DVD Burner for Mac」は便利な編集機能、スライドショーツールと豪華なDVDメニューを提供しています。また、このソフトは最新のMac OSX 10.10 Yosemiteにも対応します。




mts-to-dvd

それでは、クイックタイム動画をDVDに焼く方法を紹介します。ソフトはWindows版もあるので、下記の方法も適応しています。

Mac(OSX 10.10 Yosemiteを含む)でQuickTime(クイックタイム)ム動画をDVDに焼く方法


Step 1 「クイックタイム動画 DVD 焼く」ソフトをインストールする

下記ボタンをクリックし、クイックタイム動画 DVD 焼くソフト「DVD Burner for Mac」をダウンロードし、お使いのMacインストールしてください。その後、ソフトを立ち上げてください。

    



「クイックタイム動画 DVD 焼く」ソフトをインストールする

Step2 「DVD Burner for mac」にQuickTimeムービーを読み込む

「DVD Burner for mac」にQuickTimeファイルをドラッグ&ドロップするか、または「+」アイコンをクイックしてQuickTimeビデオを追加できます。

「Tips1」
 * 複数のQuickTimeムービーをソフトに追加できます。
 * 矢印ボタンでQuickTimeムービーの順番を変更できます。

「DVD Burner for mac」にQuickTimeムービーを読み込む

「Tips2」 
DVD Burner for macはビデオの編集機能を提供しています。必要な場合には、QuickTimeビデオを編集できます。「編集」タブをクリックし、「クロップ」、「効果」、「トリム」、「透かし」と「回転」ボタンを選択し、ビデオを編集できます。

動画を編集する


Step3 DVDメニュー設で、QuickTime動画を管理する

ソフトは多種類のDVDメニューテンプレートを提供しています。また「サムネール」、「背景」と「BGM」を設定することができます。 「フレーム」、「ボタン」と「テキスト」などのカスタマイズも簡単に作業できます。この機能で、自分オリジナルのDVDを簡単に作成されます。

「Tips3」 
 * メインフェースの下側に、書き出すDVDのタイプと画質が選択できます。高画質のDVDへ書き出すには「最高品質」を選択してください。

DVDメニュー設定で、QuickTime動画を管理する


Step4 Mac(10.10 Yosemite・ヨセミテを含む)でQuickTimeムービーをDVDに焼く

QuickTimeムービーをDVDに変換する前に、プレビューできます。そして、idvd ライオンボタンを押して、MacQuickTimeをDVDに焼き始めます。QuickTimeファイルのサイズに応じて、焼く時間がかかる場合があります。そして、「保存」ボタンをクリックし、完了します。

Mac(10.10 Yosemite・ヨセミテを含む)でQuickTimeムービーをDVDに焼く

QuickTimeムービーをDVDに作成することが終わったら、親友たちまたは友達に送って、好きな場所で楽しむことができます。

操作ビデオクリックタイム動画をDVDに書き出す手順

iSkysoft DVD Burner For Mac

  • DVD、ISOイメージへの出力が可能
  • 高画質MTS、HD、MP4、MOV、WMV、M2TS、VOBなど、多数な動画·音声·画像形式の入力に対応
  • 動画編集機能付きで、DVDに 書き込める前に、まずビデオを編集することができる
  • 写真を追加するだけに自動的にスライドショーを作成し、チャプターで写真を整理できる
  • 多彩なテンプレートで自分なりの個性的なDVDメニューをカスタマイズ可能!
  • Windowsシステムも対応→Win版こちらへ
Back to top