MPEG(.mpg)からDVDへ変換する方法

MPEG(.mpg)をDVDに作成するには?

MPEGファイルは動画の規格の一つでMPEG-1,MPEG-2,MPEG-4の形式があります。その中でもMPEG-2やMPEG-4は現在の動画フォーマットの主流になっています。そのため、多くのプレーヤーで再生が可能です。皆さんもよく見かけるファイル形式だと思います。しかし、パソコン上にあるMPEGファイルを家庭用のDVDプレーヤーなどで再生するには一度、DVDに変換することが必要です。このファイルの変換作業はパソコン初心者の方にとって、難しい億劫な作業だと思います。

mpeg-to-dvd

ですが、「iSkysoft DVD Burner for Windows」というソフトなら初心者の方でも手軽にMPEGファイルからDVDを作成できるはずです。
MPEGをDVDに書き込むには、まず、下記ボタンをクリックして、ソフトをダウンロードし、お使いのパソコンにインストールしてください。
それでは、MPEGファイルをDVDに書き込む方法を簡単に説明していきたいと思います。作業は主に3つです。

     

迅速にMPEGをDVDに焼く方法


ステップ① DVDに変換したいMPEGファイルを取り込む

まずはDVDにしたいMPEGをソフトへインポートします。画面の「インポート」のボタンをクリックしてファイルを選択し、ソフトにMPEGを読み込みます。このわずか数回のクリックでインポートは完了です。

「TIPs」 書き込むMOV動画がたくさんある場合、DVDタイトルを編集し、動画を分類できます。

DVDに変換したいMPEGファイルを取り込む


ステップ② DVDを焼く前に、MPEG動画を編集する

インポート後、MPEGを選択すると編集のボタンが表示されます。これが2つ目の作業の編集です。編集は映像の一部分を削除するトリミングや映像にエフェクトや文字を挿入して面白みのある映像にも編集できます。いずれもあまり複雑な操作はなく、初心者の方でもマウス操作で簡単に編集作業を行なえます。

DVDを焼く前に、MPEG動画を編集する


ステップ③ 素敵なDVDメニューを選択・作成 (オプション)

これとは別にDVDのメニュー画面のカスタマイズも可能です。「メニュー」の項目に移動し、メニュー画面のカスタマイズをします。テンプレートの中から画面の背景やフレームなどを選び、テキストも挿入して自由なメニュー画面を作成できます。世界でたった一つのオリジナルDVDの作成にはうってつけです。

素敵なDVDメニューを選択・作成


ステップ④ MPEGをDVDに作成・変換開始

編集の作業が終了したら、3つ目の作業のMPEGからDVDへの書き込み作業に入ります。プレビューで映像を確認した後、「DVD作成」の項目から作成画面に移動します。空のDVDを挿入し、DVD作成に関する設定を確認します。特に問題がなければ、画面下の「DVD作成」ボタンでDVDに書き込みが開始されます。これで、作業は終了です。

 MPEGをDVDに作成・変換開始


このように、「iSkysoft DVD Burner for Windows」は無駄のない作業で簡単にMPEGをDVDに焼くことができる初心者におすすめのソフトです。また、MPEG以外にもAVIやWMV、TSなど様々なファイル形式に対応しているので、ファイル形式を心配せずにDVD作成できるのも魅力です。無料体験版のダウンロードもあります。

皆さんも「iSkysoft DVD Burner for Windows」でMPEGファイルをDVD化し、オリジナルの作品を楽しんで頂ければと思います。

iSkysoft DVD Burner For Windows

  • Blu-ray、DVD、ISOイメージへの出力が可能
  • 高画質MTS、HD、MP4、MOV、WMV、M2TS、VOBなど、多数な動画·音声·画像形式の入力に対応
  • 動画編集機能付きで、DVDに 書き込める前に、まずビデオを編集することができる
  • 写真を追加するだけに自動的にスライドショーを作成し、チャプターで写真を整理できる
  • 多彩なテンプレートで自分なりの個性的なDVDメニューをカスタマイズ可能!
  • Macシステムも対応→Mac版こちらへ
Back to top