QuickTimeのMOVをDVDに焼くことができます

QuickTimeのMOVをDVDに焼くことができます

> How to > 各形式の動画をDVDに > QuickTimeのMOVをDVDに焼くことができます

May 15,2020 • Filed to: 各形式の動画をDVDに • Proven solutions

QuickTime(MOV)はアップルコンピュータが開発したマルチメディアで、ストレージや再生などの技術を持っています。新世代デジタルカメラもMOV形式で高品質の画像を記録することが可能です。MOVは人気がありますが誰でもDVDプレーヤーで再生することができず、専用ソフトを利用しなければいけません。

任意のDVDプレーヤーを使って映像を楽しめるよう、QuickTimeのMOVをDVDなどに書き込んで利用したいと思っている方も多いと思いますが、いろいろな専用ソフトが販売されているので、簡単にMOVなどの形式をDVDに保存することが可能です。無料で利用することができるものもありますが、有料のソフトは高度な編集機能を利用することができます。さまざまな機能が搭載されていて、スライドショーを作成したり動画の編集を行うことが可能です。ISOファイルに書き込みしたり、無劣化でディスクを作成することができます。

QuickTimeはマルチメディアのことで、データの編集や変換・保存などを行うことができます。通常版やPro版があり、自分でプログラミングすると通常版でもPro相当の機能を使うことができたり、macOSの場合はAppleScriptから制限なく機能を利用することが可能です。アップルのソフトウェアのiTunesなどのアプリケーション動作の中核を担っており、デジタルカメラは写真や動画などの撮影・再生においてQuickTimeを利用することが多いでしょう。動画や音声はもちろん、テキストトラックなども含まれています。

いろいろな専用ソフトがありますが、中でもDVD Memoryがおすすめです。簡単にMOVなどの様々な形式をDVDに焼くことができます。映像や写真など組み合わせるだけで、オリジナル作品を完成することができるでしょう。多種多様な形式に対応することができ、MP4やWMVなどに対応することができます。インターネット動画からもDVDを作成することができ、いろいろな動画投稿サイトからダウンロードした動画をDVDに焼くことが可能です。

いろいろな便利な機能が搭載されていて、動画を編集することが可能です。DVDに書き込む前に映像をトリミングしたり、回転することができます。透かし追加といった編集を行うことが可能です。画面比率を変更したり、ビデオを回転·反転することができます。明るさや彩度・コントラストなどを細かく調整することができ、字幕を追加することが可能です。ビデオに字幕を追加できるので、映画のような作品に仕上げることができます。一般的な字幕フォーマットがサポートされているので、自分好みの作品を作成することができるでしょう。


DVD Memoryを利用して、iMovie動画をDVDに焼く方法

MOVをDVDに焼く方法は簡単で、プレビュータグを利用するとプレビューすることができ、DVD作成タグを使って映像をDVDに焼くことが可能です。ディスクに保存することができたり、ISOイメージとしても保存することができます。作成ボタンをクリックすると作成が開始され、同じようにブルーレイも作成することが可能です。

1.「新しいプロジェクトを作成」をクリックします。

ソフトを起動

2.iMovie動画を追加します。

iMovie動画が追加

3.動画を編集します。

動画を編集

4.「作成」ボタンを押すことでiMovie動画をDVDに作成します。

DVDへの書き込み

QuickTimeはアップルが開発したマルチメディアで、映像をDVDに保存して楽しむことができます。いろいろな専用ソフトがありますが、DVD Memoryを利用すると簡単にDVDに焼くことができいろいろな編集機能が搭載されています。トリミングや微調整、字幕を追加することも可能です。様々な機能が搭載されているのでオリジナル作品を作るのに便利です。


All Topics

Top