YouTube動画をDVDに焼くための方法

YouTube動画をDVDに焼くための方法

> How to > Web動画をDVDに > YouTube動画をDVDに焼くための方法

May 15,2020 • Filed to: Web動画をDVDに • Proven solutions

皆さんの中には、YouTubeの中でお気に入りの動画を見つけて保存をしたいと思った方もいらっしゃるでしょう。そのような場合に最適なのが、DVDに保存をするという方法です。DVDに入れることができると、パソコンを持っていない場合でも、移動先にプレーヤーさえあれば、動画を楽しむことが可能です。今回はYouTube動画をDVDに焼く方法について紹介します。

YouTubeは動画サイトで、お気に入りの動画を追加することはできても完全にオフラインで視聴をすることはできません。その場合には、DVDに焼き付ける知識を持っていればインターネット環境がない場所でも快適に過ごすことができます。YouTube動画をDVDに焼く主な方法としては、専用のソフトを使用してDVDに情報を保存するという方法が最適です。専用のソフトを使用することで、ソフトだからこそできる動画の細かい編集をすることができるので、余分な部分を切り取ることなどができるでしょう。

DVD Memory というソフトを使用することで、YouTube動画をDVDに焼くことができます。特に、おすすめのポイントはDVDに情報を入れる前に編集をすることができるということです。例えば、元の動画よりも明るくしたい場合にはコントラストを調整することができるので、はっきり見せておきたいシーンなどを強調させることも可能です。また、字幕も付けることができるので音楽動画の場合には歌詞を付けることで、見やすい動画編集ができます。

まずは、下記の「ダウンロード」のボタンを押します。押すことでダウンロードが開始されますが、ダウンロード以外のインストールまでの手順を進めることが可能です。ソフト設置までの作業が完了したら実際に起動してみましょう。ダウンロードをする際には利用規約に同意をしないと行うことはできないので、注意をしましょう。体験版は無料なので、金銭的負担なくソフトを試すことができます。



DVD Memoryを利用して、YouTube動画をDVDに焼く方法

1.ソフトを起動します。

ソフトを起動して、「DVDディスクを作成」または「ワンクリックでDVDを作成」をクリックします。

ソフトを起動

2.動画を追加します。

動画を追加するには、YouTubeの動画をファイルとして保存をしておく必要があります。その際にMP4の形式に直しておく必要があります。そこで、おすすめなのは『究極の動画音楽変換』でMP4形式に変換することが可能です。ソフト起動後の画面には、追加することができるエリアが出ているので、そこに動画を張り付けます。追加する動画のファイルは、デスクトップ画面に保存しておくとすぐにドラッグアンドドロップをして張り付けられるので便利です。

動画が追加

3.動画を編集します。

追加した動画は、その時点で編集ができるので必要に応じて再生時間などを設定しておきましょう。

動画編集

4.YouTube動画をDVDに作成します。

設定が完了したら、「作成」ボタンを押すことでDVDに情報を添付することができます。作成する前にはDVDがパソコンの中に入っていることを確認しておいてから、作業を実行します。作成完了後には、実際にパソコンにDVDを入れ直してみて再生してみましょう。DVDプレーヤーで再生する場合には、相性が悪い場合もあるので、有料版を使う予定の際には最初に無料体験版の方で相性を確かめてみることをおすすめします。

DVDへの書き込み

YouTube動画をDVDに焼くと聞くと少し難しそうにも感じられるでしょうが、専用ソフトを使用することで簡単に行うことができます。できるだけ荷物を少なくしてYouTubeの動画を共有したいときには、DVDに焼くというのは最適な手段になります。複数の音楽動画を焼く場合には編集で動画と動画の間隔を狭くすることで連続再生も可能です。


0 Comment(s)

関連トッピクス

All Topics

Top