作成したDVDがDVDプレイヤーで再生できません!

皆さんは友人からなにかのイベントなどで撮影されたビデオを、DVDに焼いてもらい譲り受けたことがあるのではないかと思います。

通常でしたらDVDプレーヤーで認識するのですが、なぜか「NO DISK」みたいなエラーが表示され見れないと言うことがあったのではないでしょうか。
この場合、諦めてパソコンで再生をするという手で逃げることもあると思うのですが、やはり大画面のテレビで見たいと思われることもあると思います。

せっかくのDVDが再生出来ないのは、とても残念なことと思います。

一番の原因として考えられるのは、ビデオ用DVDとして作成せずデータ用DVDとして焼き付けたことと思います。こうなってしまうとパソコンで「フォルダ」を開いて、ビデオファイルを開くという作業になります。もちろんこの状態では、ビデオ用DVDではないのでパソコンのメディアプレーヤーでもビデオ用DVDとしては再生をすることができません。

また、あなた自身も友人にビデオ用DVDで焼いたつもりが、データ用DVDになっているため再生する事ができないかもしれません。それではどのようにすることで、ビデオ用DVDとしてDVDプレーヤーで再生出来ない動画を変換することができるのでしょうか。
まずは整理するためとなりますが、DVDプレーヤーでDVDが再生出来ないという物から、解決をしていくこととしましょう。

DVD作成ソフト「DVD Burner for Windows 」について

その為には、iSkysoft社製「DVD Burner for Windows 」を利用するのがとても簡単なことと思われます。まずは「DVD Burner for Windows 」の無料体験版を入手します。

そしてビデオ用DVDとして認識しなかったDVDを選択します。するとDVDの中のデータを調べて、最適なフォーマットに変換できるよう準備をしてくれます。

後は数クリックで必要なフォーマットに変換して、DVDに焼き付けてくれるようになります。とても簡単ですね。ダウンロードして一度お試しください。

DVD Burner for Windows

  • 写真、ビデオ、オーディオなど、多様なフォーマットの入力に対応
  • ビデオ、写真編集機能付きで、テキスト・BGM追加なども思う存分
  • 大量メニューテンプレート搭載、お気に入りの素材でのカスタマイズも可能
  • 高速・高品質で映画やテレビ番組をDVDに焼くことができます
  • ファイル形式の知識は全く必要ありません。
Back to top