Windows Media Player 11、12でDVDを焼く方法

WindowsXP以降には、Windows media playerがマルチメディアソフトとして搭載するようになりました。
これは画期的なことで、Windows8になるまではパソコンの中にコーディックが内蔵されていれば、市販のDVDを視聴することもできる万能ソフトだったのですが、残念ながらWindows8ではこの機能はMediapackを別途購入しなければ利用できなくなりました。
Windows7ではWindows media player12が搭載されており、各種音楽・ビデオなどを視聴することができると共に、MP3やWMAファイルをCDやDVDに書き込む事ができるようになりました。

メジャーなCD等なら、楽曲の名称から作者、アーティスト情報も一緒に保管されるため、他のパソコンでもそのメディアを挿入することで情報が共有することができます。ウィンドウズ・メディア・プレーヤーによるDVD視聴などは、動作も軽快でとても利用しがいがあります。一見万能ソフトのようにも見えますが、実は物足りない点があるのをご存じでしょうか。CDから音源を取り込む際、MP3やWMAファイルに指定して取り込む事ができますし、ビット数なども変更することができます。しかし、音質を高くするとファイルの圧縮率が下がりますからファイルが大きくなります。

そうなんです。Windows Media playerでは、音質=容量なんです。 これでは、たくさんの音楽をCDやDVDに保存するときに、足かせとなってしまいます。 できればそれぞれの音源はデータ容量を少なくしつつも、音質は高いままであってほしいと思います。

そこでその悩みを解決する方法として、次のソフトをお勧めします。iSkysoft社製「DVD Burner for Windows」です。

これであれば、WindowsPCに保存した段階では、最高音質のMP3ファイルやWMAファイルを音質はそのままに高圧縮でCDやDVDに保存することが可能となります。しかも、コーディックを変更する訳ではありませんので、音楽用プレーヤーでの再生も問題なくできます。

近頃、家電量販店などではDVD音楽プレーヤーと、アンプなどが静かなブームになっているそうです。 それらで自分が好きな音楽を聴くときに、最高音質の音楽を気兼ねなく大量に収納できているDVDであれば、自分が聴きたい曲をすぐに聴くことができます。

是非とも「DVD Burner for Windows」をりようしてほしいとおもいます。

DVD Burner for Windows

  • 写真、ビデオ、オーディオなど、多様なフォーマットの入力に対応
  • ビデオ、写真編集機能付きで、テキスト・BGM追加なども思う存分
  • 大量メニューテンプレート搭載、お気に入りの素材でのカスタマイズも可能
  • 高速・高品質で映画やテレビ番組をDVDに焼くことができます
  • ファイル形式の知識は全く必要ありません。
iSkysoft > Web動画をDVDに>

Windows Media Player 11、12でDVDを焼く方法

関連記事

ユーザーコメント

DVD Burner for Mac

結婚式用に使いました!わかりやすくて簡単です

- 鈴木

究極動画音楽変換 for Windows

細かい設定ができる 速いのがうれしい

- ころせんせー

Back to top