カメラ付き携帯の普及で写真やムービーを撮影することが簡単になったことで、そうした写真やムービーをパソコンに取り込み編集して動画サイトにアップロードしたり、メールに貼ったりDVDに焼いたりして、家族や友達におくったりする人も増えています。

Macを使っている方は動画や写真の編集を、iMovieを使ってやっていると思いますが、新しくMacのパソコンを買った人は、以前は入っていたiDVDという動画や写真をDVDに焼くソフトがサポートを終了しているのでDVDに焼く場合は何らかのソフトを購入しなければなりません。

そこで私がおすすめするソフトがiSkysoft社のDVD Burner for Macです

iMoveでの編集からiDVDでDVDに焼きこむまでの動作を、DVD Burner for Macはすべてこの一つのソフトで行えます。

また、MKV、MP4、AVI、WMV、MTSなど数多くの動画形式に対応しているので、色々な形式の動画と写真を1枚のDVDに焼きこむことが出来ます。 DVDディスク、DVDフォルダ、ISO形式、DVDmediaファイルの形式でDVDへの焼きこみが出来るので、Macや車、リビングなどで再生可能なDVDの作成が出来ます。

  • ビデオ、写真、オーディオの入力に対応
  • ビデオ、写真の編集も可能で、素材を思うままに最適化
  • 大量テンプレート内蔵で、さらなる個性のあるDVDに
  • 数クリックだけでDVDを作成

iSkysoft DVD Burner for Mac 

iMovieのプロジェクトファイルをDVDに焼く手順

次は、DVD Burner for Macを使用して、Mac OS X(LeopardとSnow Leopard)でDVDディスクにビデオや映画を焼く方法を紹介します。

Step 1

■DVD Burner for Macをダウンロードして実行します。
https://www.iskysoft.jp/dvd-bunner-mac/user-guide.html
からDVD Burner for Macをダウンロードします。

DVD Burner for Macをダウンロード後、インストールを完了させます。インストールしてからDVD Burner for Macを起動すると「新プロジェクトを作成と既存のプロジェクトを開く」が選択できるインターフェイスが現れます。

DVD Burner for Macをダウンロード

Step 2

■ DVD Burner for Macにビデオや写真などをインポートします。
DVD Burner for Macの画面上にDVDに焼きたいビデオや写真をドラッグ&ドロップするか、もしくは+(プラス)ボタンをクリックしてビデオや写真を選択することでインポートが出来ます。

ビデオや写真などをインポート

Step 3

■ ビデオや写真の編集をします。
ファイルを選択して↑や↓の矢印を利用することで再生させる順番の変更が出来ます。編集を行いたいファイルを選択すると「編集」のボタンが現れるのでクリックします。
ビデオやムービーの編集には、クロップやトリミング、コントラストなどの調整から、複数のエフェクトや透かし、回転などを追加出来ます。
写真を使ったスライドショーにはトランジション効果の追加ができます。

ビデオや写真の編集

Step 4

■DVDメニューの作成。
DVDメニューボタンを押すとDVDメニューの作成が出来ます。
ビデオやムービーの編集には、クロップやトリミング、コントラストなどの調整から、複数のエフェクトや透かし、回転などを追加出来ます。
静止画面のDVDメニューや動くDVDメニューのテンプレートが収録されています。 DVD Burner for Macのサイトから新たにDVDメニューをダウンロードすることも出来ます。

DVDメニューの作成

Step 5

■ DVDに焼き込みます。
DVDディスク、ISOファイル、DVDファルダ(VIDEO_TS)、DVDMediaファイルのいずれかを選び「DVD作成」をクリックするとDVDに焼きこみが開始します。

DVDに焼き込み

iMovieでMP4をDVDに焼く

この操作手順をみてわかるように、それぞれのボタンが大きくて分かりやすく、非常に簡単に操作が出来ます。 編集などに時間をかけなければDVDの作成が数分で出来ます。早速iSkysoft「DVD Burner for Mac」をダウンロードして、お試しましょう!

Back to top