MacのパソコンからiPhoneに音楽を入れるには?

    コンピューター技術の発展によって、音楽の形式もアナログからデジタルへと移り変わりました。より便利になり、手軽に音楽を楽しめるようになった一方で、ある程度デジタル用語を理解し、それぞれのプレイヤーに適した形式を知らない人は再生することすら難しく感じています。iPhoneを使う人の中には、そういった人も含まれています。今回は、Macのフォルダ(iTunesのライブラリではない)からiPhoneに音楽を入れる方法について解説したいと思います。

    パソコンを所有していない人(端末への直接ダウンロードかYouTubeなどで音楽を聴いている)を除いて、通常iPhoneをPCで管理する時は、無料でダウンロードできるiTunesを使います。しかし、わざわざ容量の大きいiTunesを入れて、データのやりとりをするのは結構面倒です。そのため、ごく少人数だとは思いますが、PCを持っていてもiPhoneを接続しない人がいます。ところが、急にMac PCに保存している音楽を持ち出したいと思うことがあります。そんな時にiTunesをダウンロードすることなく、簡単にiPhoneに音楽を入れるソフトがあります。iSkysoft iPhone データ転送 for Macならば、MacからiPhoneに、iPhoneからMacに、iPhoneから別のiOSデバイスに音楽を転送することができます。

Download mac version Download win version

Step1:「iPhone データ転送 for Mac」を起動させ、iPhoneをMacと繋がる



基本的なPC操作ができれば、初心者の方でも扱えますから安心してくださいね。順を追って説明していきます。まず、「iPhone データ転送 for Mac」を起動して、音楽を入れたいiPhoneをUSBケーブル(純正がベスト)を使ってしっかりと接続します。接続するiPhoneは、あらかじめアプリやデータを整理して音楽の保存ができるスペースを作っておきましょう。

Step2:MacからiPhoneへ音楽を転送


次に、画面の「デバイスに」ボタンをクリックし、転送したい音楽を選択します。


これで音楽の転送作業は終了となります。iPhoneの接続を安全に解除した後、きちんとMacと共有(同期)できているか見てみましょう。音楽の転送方法をお伝えしてきましたが、このソフトは多種類のデータ管理に対応しています。例えば、連絡先の転送や重複データの削除、編集などができます。CSVファイル、Outlook、Windows Live Mailなどへの変換も可能なので、使いやすいと思います。早速iSkysoft iPhone データ転送 for Macの体験版をお試しください!

 

iSkysoft > PCからiOSへ>

MacからiPhoneへ音楽を転送

関連記事

ユーザーコメント

万能データ復元! for Windows

気休め 大量のデータが入ったフォルダを消してしまい途方に暮れていました。この万能データ復元を使って...

- 今井

iTransfer for Mac

すごい便利でビックリした(笑) こういうソフトがあるの知らなかった!試供版を使ってみてから購入しまし...

- 津

Back to top