iOSデバイスをもっていると、友人と連絡を取り合えたり、様々なマルチメディアサービスに瞬時にアクセスできたりと素晴らしい体験ができます。iPadとiPhone6/Plusを購入して、この2つのデバイス間でデータを共有したいと思っていたら、この記事を読むと簡単になります。iPhone6/PlusからiPadに連絡先を転送しなければならないのであれば、パニックになる必要はありません。様々な方法があるからです。

Part 1: iPhone6/Plusの連絡先をiPadに転送するベストな方法

簡単に安全に、iTunesを使わないでiPhone6/PlusからiPadに連絡先を転送するにはiSkysoft データ転送for Mac (またはiSkysoft iPhoneデータ転送 for Windows)がおすすめの転送ツールです。これを使うとiPhone6/PlusとiPadをMacやWindows PCに接続するだけで名前や番号、会社名、メールアドレスや肩書きなどを含む全ての連絡先がiPhone6/Plus(iPhone6/Plus 6 plus)からiPadへワンクリックで転送できます。さらに下記のこともできます:

  • 連絡先、通話履歴、メッセージ、アプリ、音楽、写真やその他を電話から電話へ転送
  • クロスプラットフォームに対応し、iOS、Android、BlackBerryやSymbian間でのデータの転送
  • 電話のデータをパソコンにバックアップし、バックアップから電話のデータを復元
  • 電話のデータをスキャンし、データを永久的に消去

iSkysoft データ転送for Mac 

iPhone6/PlusからiPadに連絡先を転送する手順

Step 1. iPhone6/PlusからMacへ連絡先を転送

iSkysoft データ転送for Macを起動し、iPhone6/PlusをMacへ接続します。MacがiPhone6/Plusを検出したら、アプリがiPhone6/Plusをスキャンし連絡帳を見つけます。その後メインインターフェースでこれらのファイルを表示します。

アプリのインターフェースの下部にある「Macに音楽をコピー」をクリックするとアプリがiPhone6/Plusをスキャンし、音楽ファイルをMacへ転送します。または、「ミュージック」タブをクリックし、ほしい音楽ファイルを選択して「Macに音楽をコピー」をクリックすると転送できます。

iPhone6/PlusからMacへ連絡先を転送 

Step 2. エクスポートされたiPhone6/Plusの音楽をiPadへ転送

iPhone6/Plusを取り外し、MacにiPadを接続します。iPadが検出されたら、「連絡先」タブへいき、上部の「追加」をクリックします。iPhone6/Plusからエクスポートした音楽を選択し、iPadへ転送します。

これはとても簡単です。連絡帳を楽にiPhone6/PlusからiPadへ転送できます。

iPhone6/Plusの連絡先をiPadへ転送 

Part 2: iCloudを使用してiPhone6/PlusからiPadに連絡先を転送する方法

iCloudを使用してiPhone6/Plusの連絡先をiPadへ転送することも可能です。良いことは連絡先がiCloudに安全に保存されるため、いつでも制限なく転送することができます。

このような連絡先の転送を行うには、デバイスがアップデートされていることが必要です。これはエラーが起きることを防ぐからです。

アップデートが終わったら、次の手順に従ってください。

1. まず、iPhone6/Plusの「設定」に進み、「iCloud」のオプションにいきます。「連絡先」を選び「オン」にします。
2. 「統合」ボタンを押して、iCloudと連絡先を同期させます。プロセスが完了するのを待ちます。
3. 最後にiPhone6/Plusの連絡先にいき、更新します。これで完了です。

iCloudでiPhone6/PlusからiPadに連絡先を転送

iCloudアカウントに連絡先を追加したらiPadにそれらを転送するのは簡単です:

- 「設定」ページにいきます。
- 「iCloud」を選択します。
- 「連絡先」をオンにします。
これで終わりで、すべての連絡先リストがiPadに転送され、iPhone6/Plusからデータを失うことなく、送ることができました。

おわかりのように、iPhone6/PlusからiPadに連絡先を転送するには様々な方法があり、上記の2つの方法はどちらも使えます。最後にどちらが便利かはあなた自身が選ぶことになります。しかしiSkysoftは簡単に使え、機能もたくさんあるため、早くそして完全なセキュリティの下で転送を行いたい場合はこのオプションがおすすめです。

Back to top