iPodからMacに曲を転送する方法は?

    クリックホイールやマルチタッチディスプレイなどの操作性やデザイン性に惹かれ、iPodで音楽を楽しむ人は多いと思います。iPodを使用しているほとんどの人はiTunesを利用して音楽を入れます。iTunesは無料ではありますが優れたソフトですから、曲をiPodに入れるためにわざわざ別のソフトを購入する必要はありません。しかし、パソコン2台持ちの人などは2台目でも音楽を聴きたいと思うかもしれません。でも、わざわざiTunesをインストールして転送作業をするのは骨が折れます。そんな時のためにあるとっておきのソフトがiSkysoft iPhone データ転送 for Macです。

    このソフトはアップルのiPodやiPhone、iPadなどのデバイス内のデータをパソコンで管理するためのものです。各デバイスに入っている曲の中から特に気に入っているものを選んでパソコンに転送したり、複数のデバイス間で曲の移動をしたりすることも容易です。音楽だけでなく、写真、動画、連絡先、SMS(ショートメッセージのこと)などを扱うことも可能で、データのバックアップを取る意味でも価値の高いソフトとなっています。

Download mac version Download win version

Step1:iPhone データ転送 for Mac」を立ち上げ、iPodをUSB接続


さて、iPodからMacに曲を移すやり方をお伝えしましょう。あらかじめソフトをインストールして、音楽ファイルの入っているiPodを用意していることを前提とします。操作画面を確認しながら進めていってください。「iPhone データ転送 for Mac」を立ち上げて、転送したい音楽の入ったiPodをUSB接続します。画面のしたにある「Macに」というアイコンをクリックします。

Step2:iPodの音楽データをMacへ転送開始


そして、お好みの保存場所を選択し、「選択」ボタンをクリックします。音楽の転送が始まります。進捗状況は水色のバーで確認できます。フォルダを開いてデータを確認するか、OKボタンをクリックしてウィンドウを閉じます。

以上でiPodからMacへの転送操作は完了です。難解な操作はないので、初心者でも十分できると思います。一つ注意点ですが、このやり方だと全曲まとめて転送されてしまいます。選んだ曲だけコピーしたい場合は、iPodのメディア項目から「ミュージック」タブをクリックして、転送を行ってください。どうしても分からないという方はiPhone データ転送 for Macホームページの製品ガイドをご覧ください。

 

iSkysoft > PCからiOSへ>

iPodからMacに曲を転送

関連記事

ユーザーコメント

iTransfer for Mac

すごい便利でビックリした(笑) こういうソフトがあるの知らなかった!試供版を使ってみてから購入しまし...

- 津

万能データ復元! for Windows

気休め 大量のデータが入ったフォルダを消してしまい途方に暮れていました。この万能データ復元を使って...

- 今井

Back to top