ブルーレイ作成ソフトを使ってブルーレイオーサリングを行うには

ブルーレイ作成ソフトを使ってブルーレイオーサリングを行うには

> How to > BlurayDVD作成 > ブルーレイ作成ソフトを使ってブルーレイオーサリングを行うには

Aug 25,2018 • Filed to: BlurayDVD作成 • Proven solutions

近年では、4K動画を撮影出来るビデオカメラが登場してきた事で綺麗な映像を撮影可能になっています。ブルーレイ作成ソフトを使ってブルーレイオーサリングを行えば、撮影した動画を綺麗に保存する事ができ、ユーザーの好みの作品に仕上げられます。
ブルーレイオーサリングは、ブルーレイディスクにしておく事で綺麗に映像を残せるのが利点です。


DVDオーサリングとは何か

DVDオーサリングは、DVDプレーヤーなどDVDで再生出来る機器でデータを作成する事です。そして、このデータをDVDディスクに書き込みます。
専用のソフトウェアを使う事で、チャプター分けを行う事ができ、途中から再生させられます。メニューやボタンを装備させる事で、視聴するユーザーが操作し易いようにする事もあります。
DVDオーサリングによって映像をディスクに保存でき、他のストレージで保存するよりも数多く出回っている再生機で再生が行えますので、取り扱いし易いというメリットがあります。

ブルーレイを選択する理由と利点とは

DVDではなく、ブルーレイを選択する理由は高解像度の映像を収録出来る容量を持っている事にあります。1層で25GB、2層で50GBの容量がありますので、フルHDや4Kといった超高解像度の映像でも保存可能である為、DVDよりも優れています。地上波デジタル放送で大体3時間、BS放送で2時間のハイビジョン放送の映像を残す事が可能です。パソコンでのストレージとしても活用可能であり、ハードディスクやSSDなど以外の方法で保存したい時の選択肢として使われる事があります。

ベストなブルーレイオーサリングソフトを利用する

ブルーレイで保存をするからには、高品質にディスクを作成出来るブルーレイオーサリングソフトを選びます。また、多彩な映像コーデックや音声コーデックやコンテナを使った入力ソースに対応している事も必要です。
フルHDや4Kに対応している事でディスクに保存しますと、対応プレーヤーであれば、いつでも再生出来るようになります。
汎用性が高い事もブルーレイオーサリングソフトを選ぶ際には重要になってきます。ベストなソフトウェアを活用する事がディスクの仕上がりを決める事になります。

iSkysoft DVDBurner for Windowsのオリジナル機能とは

iSkysoft DVDBurner for Windowsは、様々な映像入力ソースに対応しており、簡単な動画編集も行えるオーサリングツールです。
iSkysoft DVDBurner for Windowsのオリジナル機能が多数搭載されています。書き込む前にビデオをトリミングしたり、回転させたり、透かしを追加したりする事が出来ます。多数テンプレートが用意されていますので、一からテーマを決めて編集する手間を省く事も可能です。写真からスライドショーを作る事が出来ますので、動画とは一味違ったコンテンツ作りにも役立つでしょう。

どれだけ高性能なソフトウェアでも操作がしにくい物ですと、ユーザーには使い勝手の悪いツールになってしまいます。
iSkysoft DVDBurner for Windowsは、ユーザーの事を考えて開発されており、簡単な操作で編集が行えます。DVDやブルーレイに書き込む前に動画の編集をしておく事で動画の仕上がりを高め、ユーザーの好みの作品作りを行えますが、このような編集機能を使う際に操作に迷わないようになっていれば、編集を気軽に行う事ができ、作品作りに専念する事が出来るようになるでしょう。


ブルーレイディスクを作成する事で、超解像度の映像を保存する事が出来ます。iSkysoft DVDBurner for WindowsはDVDへの出力だけでなく、ブルーレイディスクにも対応しており、操作がし易い編集ツールでユーザーの好みの映像に仕上げていく事が出来るブルーレイオーサリングツールとして大いに活用していく事が出来るでしょう。


0 Comment(s)

関連トッピクス

All Topics

Top