MTSやM2TSの動画をブルーレイに書き込む方法

MTSやM2TSの動画をブルーレイに書き込む方法

> How to > BlurayDVD作成 > MTSやM2TSの動画をブルーレイに書き込む方法
By 渡辺純子 | Aug 25,2018 20:19 pm

ハイビジョンデジタルカメラでビデオ撮影をした場合、その動画の拡張子はMTSやM2TSとなります。mwvやmp4などの規格の動画と比較して馴染むが薄くまたパソコンの動画再生ソフトではサポートされていないことが多いため、MTSやM2TSはブルーレイに書き込んでテレビの大画面で視聴するのが望ましいのですが、その具体的な方法を紹介します。

MTSやM2TSをブルーレイに書き込むメリット

MTSやM2TSをディスク化する最も大きなメリットは手軽に動画視聴がしやすくなる点にあります。
ハイビジョンカメラで撮影した場合、MTSやM2TSの形式でデータが作成されるのですが、これらの拡張子はタブレットやパソコン等でサポートされていないケースも多いため気軽に再生できませんし、他の人ともシェアしにくい側面があるのです。これらの形式の動画をブルーレイディスクに焼くことで画質の劣化などを起こすこと無く気軽に再生できるようになりますし、他の人とのシェアが圧倒的に楽になるのです。

気軽に使いたい場合におすすめのソフト

MTSやM2TSをディスクに焼く為にはこれらの拡張子に対応した専用の書き込みソフトが必須となります。
書き込みソフトの中にはDVDの書き込みには対応しているものの、ブルーレイディスクの書き込みには非対応というものも少なくないので、パソコンに導入する際にはブルーレイディスクへ書き込むことができるのかをしっかり確認しておくことが大切になります。また有料のソフトは無料のソフトと比較して圧倒的に使いやすく高機能であることが多いので、長期間の利用を考えているのであれば有料版がおすすめです。

気軽にディスクを作成したい場合などにおすすめなのがmultiAVCHDというオーサリングソフトです。
このソフトは無料で配信されているのですが、オープニングを付帯する機能や音声・字幕を付帯する機能、ブルーレイのメニューを付け加える機能などが備わっているので、形の整ったディスクの作成が可能です。無料でありながらも秩序のあるディスクを作りたいと考える人には強く利用を推奨できるソフトのひとつなのです。お金をかけずにクオリティの高いブルーレイディスクを作りたい場合はこちらを利用しましょう。

おすすめの有料ソフトを紹介

頻繁にディスクに焼く作業をする場合や、パソコンの扱いに慣れていないのでできるだけ簡単な操作でディスクに焼きたいと考える人におすすめなのは有料ソフトで、その中でも特に扱いやすいソフトとして推したいのがiSkysoft DVDBurner for Windowsです。
iSkysoft DVDBurner for WindowsはワンクリックでDVDに焼く機能や充実した動画編集機能が搭載されているので、パソコン初心者でも無理なくディスクを作ることができますし、逆に拘りのあるムービーを作りたい人でも満足できると考えられるのです。



iSkysoft DVD Burnerを使ってブルーレイディスクを作成する方法

iSkysoft DVDBurner for Windowsを利用してブルーレイディスクを作成する方法を紹介していきます。

Step 1:ソフトを起動したらメニューの中から「Blu-rayディスクを作成」を選びます。

ソフトを起動します

Step 2: ディスクに焼きたいファイルを選択する画面ができるのでデータを選択します。

動画をDVD作成ソフトに読み込む

Step 3: 必要に応じてトリミングをしたりBGMを追加したりなどの編集作業を行います。

動画を編集する

Step 4:メニューのテンプレートを選択してプレビューで映像の確認を行います。

DVDメニューを選択する

Step 5:「作成」のボタンをクリックすると自動的に書き込みが始まります。

動画からDVDに作成する  

ハイビジョンビデオカメラで撮影した映像をフル活用するためにはデジタルデータのまま残すよりもディスク化するのが有効と考えられますし、ディスクに焼く為の有力なソフトは幾つもあります。オーサリングソフトの中でもiSkysoft DVDBurner for Windowsは初心者から上級者まで快適に操作できる機能があるので強く利用をおすすめします。



関連トッピクス

All Topics

Top