ブルーレイプレイヤーの紹介とDVDとブルーレイでビデオの再生する際の違いとは

ブルーレイプレイヤーの紹介とDVDとブルーレイでビデオの再生する際の違いとは

> How to > BlurayDVD作成 > ブルーレイプレイヤーの紹介とDVDとブルーレイでビデオの再生する際の違いとは

Aug 25,2018 • Filed to: BlurayDVD作成 • Proven solutions

最近はブルーレイプレイヤーの普及が進み、普及率が60%を超えているほどです。ブルーレイディスクはDVDよりも多くのデータを記録することが可能で、高解像度かつ長時間のビデオを大画面のテレビで楽しむことができます。AV機器でブルーレイディスクを再生する場合にはブルーレイプレイヤーが必要で、DVD専用のプレーヤーは利用できません。


DVDとブルーレイディスクの違いとは

DVDは1枚あたり4.7GB分までのデータしか保存することができません。これに対してブルーレイディスクを利用すれば、1枚で25GB(または50GB・100GB)の大量のデータを記録することが可能です。 これにより、高解像度の映像を含むビデオを再生することができます。
ちなみにDVDプレイヤーの解像度は720×480で地上波デジタル放送の解像度は1440×1080です。ブルーレイディスクに書き込みができる解像度は最高で1920×1080なので、地上波デジタル放送を上回る大画面で動画を再生することが可能です。

ブルーレイプレイヤーとDVDプレイヤーの違い

ブルーレイプレイヤーはブルーレイディスクとDVDの両方を再生することができますが、DVDプレイヤーの方はDVDディスクしか対応していません。
以前はDVDプレイヤーの方が安かったのですが、最近は1万円以下のブルーレイプレイヤーも販売されています。今後も両者の値段の差は小さくなると見られています。
ブルーレイプレイヤーを利用してテレビ番組などを録画して後で再生することも可能です。ただしデッキで録画したディスクを取り出して別の機器を使用して再生をすることはできません。
パソコン用のソフトを利用してディスクを作成すれば、全てのプレーヤーで再生することが可能です。

おすすめのブルーレイプレイヤー7選

●「ソニーBDP-S1500BM」小型省電力タイプですが待ち時間が短いという特徴があります。
●「パナソニックDMP-BD88」便利な機能を搭載していますが、8千円台と手頃な値段なのでおすすめです。
●「パイオニアBDP-3140」DVDのアップスケーリングも可能で、途中から再生ができる「つづき見」機能を備えています。
●「東芝DBP-S600」画質・色彩補正機能を備えていて、DVDも綺麗に再生できます。
●「ソニーBDP-S6700」Bluetoothに対応しており、ワイヤレスで視聴することができます。
●「パイオニアBDP-LX58」これは高画質・高音質を追求する方におすすめです。堅固な造りでドライブの振動も抑えられています。
●「ヤマハBD-A1060」制振・高剛性のシャーシでノイズを抑え、高品質のサウンドを楽しめます。

iSkysoft DVDBurner for Windowsの紹介

iSkysoft DVDBurner for Windowsはパソコン用のオーサリング・ライティングソフトで、光学ドライブを搭載したパソコンがあればデッキで再生が可能なブルーレイディスク・DVD作成ができます。
操作方法が簡単で未経験の方でも簡単に扱えますが、高画質・高音質の動画ファイルを無劣化でディスクに焼くことが可能です。
非常に多くの動画ファイルに対応しているので、古いカメラで撮影したビデオ・DVDから取り込んだ動画ファイル・パソコンのドライブに録画したテレビ番組を利用してブルーレイディスクを作成することも可能です。

ブルーレイプレイヤーがあれば、高画質・長時間のビデオをコンパクトに保存することができます。ライティングソフトがあれば、デッキで録画したテレビ番組の他にも自作ビデオやパソコンに保存されていた動画データも大画面のテレビで視聴することができるようになります。
パソコンでディスクを作成すれば、他のプレーヤーでも自由に再生することができます。ブルーレイプレイヤーをお持ちの方であれば、高画質のブルーレイディスクを作成することができるiSkysoft DVDBurner for Windowsを利用してAV機器を十分に活用することをおすすめします。


iSkysoft DVDBurnerで動画をブルーレイに書き込む方法

Step 1:ソフトを立ち上げ、「Blu-rayディスクを作成」を選びます。

ソフトを起動します

Step 2: ファイル追加ボタンをクリックして動画や写真などを加えます。

動画や写真などを追加

Step 3: 動画を編集します。

動画や写真などを編集

Step 4: DVDメニューを選択します。

DVDメニューを選択する

Step 5:プレビューを確認します。

プレビューを確認

Step 6:「作成」のボタンを押すと書き込み作業が開始されます。

動画からDVDに作成する

ブルーレイプレイヤーと光学ドライブを備えたパソコンを上手に利用すれば、ネット上からダウンロードしたりパソコンに保存してある動画データを大画面のテレビで視聴することができます。iSkysoft DVDBurner for Windowsがあれば簡単なマウス操作だけで高画質のブルーレイディスクを作成して、デッキで再生をすることが可能です。


0 Comment(s)

関連トッピクス

All Topics

Top