iOS 9のベータ版が公表され、ユーザーは新しいOSを待ちきれません。しかし、iOSバージョンをアップグレードする前に、iOS 9の問題とその問題を防ぐために使える解決策を知っておく必要があります。以下の5つはiOS 9のアップグレードをする際に多くのひとが直面する問題です。

1. Blank Proactive Screen

新しいiOSバージョンでは、メイン画面の左側にプロアクティブ画面があります。多くのベータ版のユーザーは空のプロアクティブ画面になると苦情をいっています。この問題を解決するには以下のことをする必要があります:

  • 携帯の「設定」にいきます。
  • 「一般」から「スポットライト検索」を行います。
  • 電源を切ります。
  • iPhoneを再起動します。
  • 「設定」に戻り、同じ手順でオンにします。

2. データ喪失

これは多くのユーザーが苦情をいっている問題です。新しいバージョンのOSにアップグレードすると、多くのひとがすべてのデータがデバイスから消去されていることに気づきます。人々は多くの便利なファイルを携帯に保存していることが多いので、これはひどい問題になりえます。

この問題を解決し、データを復元するには、iSkysoft iPhoneデータ復元を使えます。これは素晴らしいソフトウェアでiOS 9と完全に互換性があります。このソフトウェアは多くの異なるファイル形式の復元が可能なようにデザインされています

  • 連絡先
  • 写真
  • カレンダー
  • ブックマーク
  • メッセージ
  • メモ
  • WhatsAppの履歴など

ファイルをプレビューし素早く復元して、古いデータを取り戻すことが可能。

3. Wi-Fiの問題

ユーザーの中にはiOS 9にアップグレードした後、Wi-Fiの接続に問題が見つかったと報告する人もいます。もしWi-Fiの問題に直面したら、以下のステップでデバイスの修復を試みてください。

  • 「ネットワーク設定」から「一般」へいきます。「Rest」より「ネットワーク設定をリセット」をタップします。そしてWi-Fi接続を試し、接続されるか確認しましょう。
  • また機内モードをオンにしてからオフにします。これは最も効率的な解決策というわけではありませんが、時々Wi-Fi問題を解決してくれます。

これらの手順でこの問題は解決出来るはずです。代わりに10分ほど携帯の電源を切り、まだ問題が残っているか確認することもできます。

4. iTunes Storeポップアップ

ユーザーによってはiOS 9で、毎回iTunes storeにサインインするよう要求されるため、どのアプリもダウンロードできないと報告している人がいます。もしこの問題に直面していたら、以下の解決策を使えます。

  • 携帯の設定にいきます。
  • IDとパスコードをタッチします。
  • その後「iTunesとアプリストア」に移動します。
  • オフにします。

状況によっては物事を進めるために、オンとオフの切り替えが必要になります。

5. 復元モードで固まる

何人かのユーザーは復元モードでAppleのロゴが画面に表示されたまま携帯が固まると訴えています。もしこの問題が起きていたら、ホームボタンとスリープボタンを同時に10秒間押し続けるとデバイスの電源が切れます。ここで電源を入れると携帯が通常通り起動するかもしれません。

もし同じ問題がおきていたら、またiSkysoft iPhoneデータ復元を使用できます。この津0流はiPhone, iPad, iPodを復元モードから直すように開発されました。Appleロゴの問題が解消され、データも喪失しません。

これら5つが、iOS 9ベータ版を使用する際に直面するかもしれない最も一般的な問題です。もちろん、様々な他の問題も起こるかもしれませんので、同じように注意しておきましょう。これらすべての一般的な問題がありながらも、iOSユーザーがこの新しいOSの公式発表を待ちきれないのは確かです。開発者がこれらすべての点を考慮し、改善してくれるかもしれません。覚えておくべきコツは、アップグレードする前にコンテンツのバックアップをとるということです。アップグレード中のデータ喪失は最も一般的な問題の一つです。ただ、いつでもiSkysoft iPhoneデータ復元を使用して失ったデータを復元できます。

Back to top