ユーザーがiPhoneの問題に直面するのは、よくあることです。パスコードを忘れてしまったり、ソフトウェアの問題が起こったりすると、iPhoneを復元させたくなるでしょう。新しいiPhoneを購入するというのも、問題ではありませんが、バックアップファイルからデータを復元させる理由になります。

復元させるには様々なツールが使用できます。AppleはiPhoneにデータを復元させるために、いくつかの選択肢を提供しています。Appleの主要な音楽プレイヤーiTunesも、データを復元させるときに使用できるツールの一つです。

Part 1: iTunesからiPhoneを復元させる方法

以前バックアップしたものを用いて、iPhone(iPhone 6 PlusとiPhone 6を含む)をiTunesで復元させるのはとても簡単です。3つのステップで完了します:

Step 1. iPhoneが復元したいバックアップファイルがあるパソコンに正しく接続されていることを確認して下さい。プロセス中のハードウェアの問題を防ぐために、iPhone購入時付属のケーブルを使用することをおすすめします。また、使っているパソコンのiTunesが最新のバージョンかを確認して下さい。

Step 2.ファイル」、「デバイス」の順にクリックし、「バックアップからの復元」を選択します。

Step 3. iPhoneに復元したいバックアップファイルを選択します。おそらく、最新のバックアップを選択されると良いと思います。

iTunesからiPhoneを復元させる 

Part 2: iTunesを使用せずにiPhoneを復元させる方法

「iSkysoft iPhone データ復元」は第三者アプリで、基本的にiTunesと同じ働きをします。しかし、それ以上のこともできます。iSkysoftアプリでは、バックアップファイルにある全てのデータを復元することはしないと選択することもできます。しかし、この方法でもiTunesとiPhoneが同期されていることが必要です。この方法にはMacを使用しなければならないことにご注意下さい。

iTunesからiPhoneを復元させる

プレビューして、iTunesのバックアップから復元

誰でも自分のiPhone 6/PlusとiTunesバックアップファイルからデータを回復することができます。


  • 三つのリカバリモード:iPhoneから直接データを復元、またはiTunesやiCloudのバックアップファイルを抽出することができます。
  • 18種類のファイルまで:紛失したメッセージ、MMSメッセージ、iMessages、連絡先、写真、動画、ノートなどを復元可能です。
  • 様々なデータ損失:削除で失われたデータを取得し、工場出荷時の設定を復元、iPhoneの脱獄失敗などに対応します。
  • プレビュー可能:復元する前に、プレビューしてデータを見つけたことができます。
  • 完全なリカバリ:iCloudとiTunesバックアップファイルから必要な任意の項目を選択して復元します。

iTunesをせずにiPhoneを復元:iSkysoft iPhoneデータ復元を使う

Step 1. お使いのiPhone 6/Plusがお使いのPC/Macに接続されていることを確認し「iTunesバックアップからリカバリー」を選択します。

Step 2. iPhone6/PlusとiTunesの同期を開始しましたので、それはすべての使用可能なバックアップが表示されます。使用するバックアップファイルを選択します。iPhone6/Plusへのバックアップの復元を開始するには、「スキャン」ボタンをクリックします。

Step 3. スキャンが完了したら、iSkysoft iPhone データ復元は、選択したバックアップで見つかったすべてのファイルが表示されます。 復元したいファイルを選択し終わったら、「復元」ボタンをクリックします。

iTunesバックアップファイルから前のデータを復元 

iTunesをせずにiCloudからiPhoneを復元

Step 1. 画面の上部にある「iCloudバックアップファイルからリカバリー」を選択し、お使いのiCloudアカウントにログインします。

Step 2. 次に、「ダウンロード」をクリックして、復元したいバックアップファイルを選択します。ダウンロードしたバックアップファイルを抽出するために、「スキャン」をクリックします。

Step 3. スキャンが終わったら、詳細のデータをプレビューすることができます。データを保存するには、「復元」をクリックしてください。

iCloudバックアップからデータを復元 

iTunesを使用せずにiPhoneを復元させる(iCloudを使う)

iTunesはiPhoneを復元させるのにとても便利なアプリですが、復元には他のアプリを使用することも可能です。もし、他のAppleアプリを探しているのであれば、iCloudも復元に使用することができます。ただ、iCloudを使用するには事前にiCloudバックアップファイルを作成しておくことが必要です。

  • • iPhone 6/Plusで、「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」を開きます。iOS の新しいバージョンが利用できる場合、画面上の指示に従ってダウンロードしインストールします。
  • • 復元するバックアップが最新のものであることを確認してください。
  • • 「設定」>「一般」>「リセット」を開き、「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。
  • • 「設定アシスタント」で、「デバイスを設定」を選択し、「バックアップから復元」をタップし、iCloud にサインインします。
  • • 「バックアップを選択」を開き、iCloud で使用可能なバックアップのリストから選択します。
Back to top