iPhoneユーザーとして、悲しいですが、時には使うのをやめて、微調整したり修理したりして失ってしまったデータや情報を復元する必要があります。幸運なことに、Appleはアプリを作るだけでなく、データの問題の解決に役立つような解決方法も提供しています。

データの復元に対し、Appleは2つの方法を提供しています。1つはiCloudを使う方法、そしてもう1つはiTunesを使うものです。これに加え、外部の開発業者のアプリにもトラブルシューティングできるものがあり、その中で「iSkysoft iPhone データ復元」はおそらく最も優れていて使いやすいものでしょう。

Part 1: iTunesでバックアップからiPhone 6/Plusを復元する方法

方法1:iTunesから直接iPhone 6/Plusを復元する

この方法をとるにはすでにiTunesでバックアップを作成している必要があります。

Step 1. USBケーブルを使ってiPhoneをパソコンに接続します。ハードウェアやケーブルの問題を防ぐために、ケーブルが上手く機能しているか確認して下さい。iPhoneを購入した際の付属のケーブルを使うことをおすすめします。

Step 2. パソコンのiTunesが最新のものでない場合はアップデートします。復元を成功させるには必ずアップデートを行って下さい。

Step 3. メニューバーでファイル、デバイスを順にクリックし、バックアップを復元を選択します。

Step 4. iTunesより復元の確認があります。小さいウインドウがポップアップし、iPhoneの名前と前回のバックアップ日時が表示されます。この日時からの復元を希望する場合、復元を押して下さい。もし、希望しない場合はキャンセルすることができます。

Step 5. iTunesがiPhoneへデータを復元するのを待ちます。プラグを抜かないこと、パソコンやiPhoneの電源を切らないことに注意して下さい。

iPhoneでバックアップを復元 

方法2:iTunesから選択的にiPhone 6/Plusバックアップを復元する方法

この方法では全てのプロセスで第三者アプリ(「iSkysoft iPhone データ復元」)を使用しますが、iTunesで作成されたバックアップファイルも使用します。バックアップを選択するにはすでにiTunesと同期させているかバックアップを作成させている必要があります。

注意:操作中、パソコンにiPhoneを接続する必要はありません。復元したいファイルはパソコンから探すことができます。

restore iphone from backup

プレビューして、iTunesのバックアップから復元

誰でも自分のiPhone 6/PlusとiTunesバックアップファイルからデータを回復することができます。


  • 三つのリカバリモード:iPhoneから直接データを復元、またはiTunesやiCloudのバックアップファイルを抽出することができます。
  • 18種類のファイルまで:紛失したメッセージ、MMSメッセージ、iMessages、連絡先、写真、動画、ノートなどを復元可能です。
  • 様々なデータ損失:削除で失われたデータを取得し、工場出荷時の設定を復元、iPhoneの脱獄失敗などに対応します。
  • プレビュー可能:復元する前に、プレビューしてデータを見つけたことができます。
  • 完全なリカバリ:iCloudとiTunesバックアップファイルから必要な任意の項目を選択して復元します。

Step 1. iSkysoft iPhoneデータ復元を起動します。

Step 2. バックアップの日付、発信側デバイス、および対応するシリアル番号と一緒に、iTunesを使って、以前に作成したバックアップファイルの一覧が表示されます。

Step 3. 復元可能なデータのために選択したバックアップファイルをスキャンします。

Step 4. スキャンしたもののうち、復元するファイルを選択できるようになります。それらのチェックボックスにチェックすれたいファイル(またはカテゴリ)を選択して、データを復元します。

iTunesバックアップからリカバリー 

Part 2: iCloudからバックアップを復元する方法

方法1:全てのiPhoneバックアップをiCloudから復元する

復元したいポイントより前にiTunesに同期できなかった方で、以前よりiPhone 6/PlusのiCloundバックアップをオンにしていて、iPhoneを初期設定に戻された方にはiCloudでの解決がおすすめです。

Step 1. 再起動が終わった初期設定のiPhoneは設定をし直す必要があります。これにはiOS設定アシスタントより表示されるステップに従い、情報を入力したり設定を選んだりして下さい。

Step 2. セットアップ中、「iPhoneの設定」画面が表示されます。3つの選択肢が出てきます。iCloudバックアップから復元を選択して下さい。

Step 3. 次の画面でバックアップファイルを選択します。復元したいデータのあるファイルを選択します。

Step 4. ここからは簡単です。少したつとiCloudからデータが復元されているでしょう。

iPhoneでバックアップを復元 

方法2: iCloudから選択的にiPhoneバックアップを復元する

iCloudから選択的にiPhoneバックアップを復元したい場合も「iSkysoft iPhone データ復元」を使用することができます。iCloudバックアップファイルをダウンロードしたり抽出したり、何でも復元できます。

Step 1.プログラムを起動すると、「iCloudバックアップファイルからリカバリー」を選択します。そして、iCloudにログインする入り口が表示されます。

Step 2. バックアップファイルの名前を選択し、1クリックでそれを「ダウンロード」します。 これは時間を少しかかります。その後、詳細の内容を確認することができるように、バックアップを抽出するために「スキャン」をクリックします。

Step 3. すべての準備が整ったとき、データをプレビューし、「復元」ボタンをクリックして目的のアイテムを復元するために「チェック」することができます。

iCloudバックアップファイルからリカバリー 

Part 3: iTunesバックアップ VS. iCloudバックアップ

事実上どちらも、iPhoneにデータを復元することに関しては同じことを行います。iTunesを選んでもiCloudを選ぶにしても、いつ、どこで、なにを復元したいのかの問題になります。この2つのアプリの違いは下記のとおりです:

iTunesのバックアップ iCloudのバックアップ
iTunesアプリケーションが起動され、PCにiPhoneを接続したときに、バックアップのみを行うことができます。 iCloudのを使用すると、ワイヤレスでバックアップを作成し、iCloudを介してクラウドシステムに自動的に保存することができます。
iTunesは間違いなく、大きなサイズのバックアップを作成するiPhoneユーザーの良い選択です。 iTunesはカメラロールのデータサイズが1GBを超えることが可能になります。 iCloudのアカウントを持つことは、クラウドストレージの5GBを与えます。
バックアップを作成するようにiTunesを使用している間、スマホをPCに接続しておく必要がありますので、データを復元するたびに同じPCを使用する必要があります。 iCloudはどこでもデバイスを復元することができます。
アプリのバックアップと復元後に実行する必要がある場合、バックアップファイルを作成するには、iTunesを使用する必要があります。 iCloudは、アプリを除いてデータをバックアップします。

iTunesもiCloudも異なるバックアップと復元のニーズに対応しています。しかしバックアップにどちらも使用するというのが最良の方法です。どちらかのアプリが何かのデータをバックアップできていなかった時の保障にもなるからです。

Back to top