全ての人にとってスマートフォンは最も重要なものになりつつあり、デバイスにはそれなしでは生きられないようなまたは気をつけていないと他の人に渡ってしまうような、とても有益な情報が含まれているため、所有する際には多くの責任が伴います。このためにバックアップを定期的に作成し、その上、繊細な情報については使用した後に消去することが大切です。

Part 1: 動かない、盗まれた、紛失したiPhoneからデータを復元する方法

iPhoneが動かない、盗まれた、または紛失した時、データを復元するには2つの方法があります。良さそうな1つを選んで下さい。

1. 他のiOSデバイスを持っている場合

iTunes:動かない、盗まれた、紛失したiPhoneからデータを復元する

推奨されているようにバックアップを頻繁に取っていれば、古いiOSデバイスから作成したiTunesのバックアップより復元することができます。これをするにはiTunesを開き、iOSデバイスをパソコンに接続し、バックアップされるのを待ちます。iTunesが最新のものかをお確かめ下さい。

このステップが終了したら、バックアップからファイルメニュー>デバイス>復元の順に進みます。プロセスが完了するのを待つと、他のiOSデバイスで以前バックアップした古いデータを楽しむことができます。

iPhoneが動かない時 

iCloud:動かない、盗まれた、紛失したiPhoneからデータを復元する

iCloudは1つの場所からすべてのデータへアクセスできるという素晴らしい技術を持っています。Appleアカウントを使用してiCloudに時々大切な情報をバックアップしておけば良いのです。

デバイスを消去する:まず設定>一般>リセットに進み、「全てのコンテンツと設定を消去」をタップします。

iCloudバックアップから復元する: それが終わったらデバイスの設定をおこない、「iCloudバックアップから復元」を選択します。

iPhoneが動かない時 

2. 他のiOSデバイスをお持ち出ない場合

以前のバックアップからデータを取り戻すには「iSkysoft iPhone データ復元」など、第3者ツールが必要になります。このツールは、紛失したり消去したりしたiPhoneファイルを復元するために特別に作成されたものです。このアプリの助けを得れば、迅速で素晴らしい復元プロセスを楽しむことができます。加えて「iSkysoft iPhone データ復元」は全てのバージョンのiOSに対応しているため、通常の方法だと難しい、古いiPhoneからの復元も可能です。

iSkysoft iPhone データ復元

プレビューして、iTunesのバックアップから復元

誰でも自分のiPhone 6/PlusとiTunesバックアップファイルからデータを回復することができます。


  • 三つのリカバリモード:iPhoneから直接データを復元、またはiTunesやiCloudのバックアップファイルを抽出することができます。
  • 18種類のファイルまで:紛失したメッセージ、MMSメッセージ、iMessages、連絡先、写真、動画、ノートなどを復元可能です。
  • 様々なデータ損失:削除で失われたデータを取得し、工場出荷時の設定を復元、iPhoneの脱獄失敗などに対応します。
  • プレビュー可能:復元する前に、プレビューしてデータを見つけたことができます。
  • 完全なリカバリ:iCloudとiTunesバックアップファイルから必要な任意の項目を選択して復元します。

ステップ 1. iTunesのバックアップを選択してください。

PCにiTunesでバックアップしたことのある機種なら、このバックアップファイルを抽出することですべてのデータを復元します。PCに接続されたデバイスのiTunesバックアップは自動的に検出され、表示されます。

ステップ 2. プレビューして、iTunesのバックアップからデータを復元します。

スキャン完了後、各ファイルの詳細をカテゴリごとにご覧できます。復元したいデータを選択して復元を開始してください。

iTunesのバックアップ復元 

Part 2: 動かないiPhoneを修理する方法

もしiPhoneが急に動かなくなっても、慌てないで下さい。正式に起動しないと言えるまでにできることは沢山あります。たとえば充電するだけで直ることもあります。少し辛抱して以下のリストの全てを試してみて下さい。

-充電:これが一番最初に試すことかもしれませんが、多くの人がただ充電がなくて起動しない時に、iPhoneが故障したと思ってしまいます。デバイスを充電してみてそれでも動かなければ、次のステップに進んで下さい。

- 再起動.iPhoneを再起動するには赤いスライドバーが表示されるまでスリープボタンを押し続けます。スライドして、同じプロセスをおこない、iPhoneを起動させて下さい。もしiPhoneがフリーズしてしまったら、同じ作業をして下さい。ただし、問題の解決のため、10秒間待ってからおこなってください。

-リセット もし誤作動やバグがあった場合、設定>一般>全ての設定をリセットの順でタップするとリセットできます。これをするとiPhoneは初期設定に戻り、多くの場合、問題も解決されます。

動かないiPhone 

Part 3: 盗まれたり、紛失したiPhoneの見つけ方

iPhoneはあなたにとってとても重要かもしれませんが、間違えて紛失してしまったり、どこかに忘れてしまったりすることがあるでしょう。さらなる問題を防ぐためには、購入したらすぐに、デバイスの「iPhoneを探す」をオンにすることが大切です。取り戻す手順は以下の通りです。

https://www.icloud.com/#findのページか携帯アプリでiPhoneを探します。

-このアプリでデバイスを紛失モードにし、パスワードを追加することが出来ます。

- 「iPhoneを探す」アプリをつかって、必要なデータを遠隔で消去します。

-盗まれたデバイスについて警察に届け出をし、iPhoneについての情報をかれらに共有します。

紛失したiPhone 

もし「iPhoneを探す」アプリがインストールされていなかった場合、取り戻すのはとても難しくなります。全てのデータの安全を守るため、iCloudのパスワードを変更し、その後できることは警察に盗まれたデバイスについて届け出をするぐらいです。

要するに、iPhoneを盗まれるというのは面倒なことになりかねませんが、幸運なことにもし、そういった状況に対しiPhoneを準備していたら、安全に取り戻せるチャンスが高くなります。データを頻繁にバックアップし、「iSkysoft iPhone データ復元」を使用すれば、こういった状況で大きな助けとなります。

Back to top