Facebookを使用してどれくらいになりますか?世界中には何百万人ものFacebookユーザーが存在します。ユーザーは友達や家族、同僚などとコミュニケーションをとるために主にソーシャルメディアプラットフォームを活用しています。時がたつうちに受信箱がメッセージでいっぱいになっていて、必要なメッセージやトークを捜し出すのが困難になっていることでしょう。この状況を避けるためにFacebookメッセージをアーカイブまたはもう必要のないメッセージを削除することをおすすめします。設定方法が分からなくても大三部です。こちらでその方法を詳しくお伝えします。

Part 1. Facebookメッセージをアーカイブするためのガイド

始めになぜメッセージをアーカイブした方がよいのかについてご説明します。受信箱がいっぱいの状態だと、必要としているトークを見つけ出すのが困難になってしまいます。今がその状況から抜け出すときです。またアーカイブはもしまた再びメッセージが必要になるかもしれないことを考えると、削除よりも良い方法と言えるでしょう。こちらがその方法です。

facebookメッセージをアーカイブする
  • オプション1.トークをアーカイブするには、「アクション」から「アーカイブ」のボタンを選択してください。アーカイブしたこのトークは受信箱に表示されなくなりますが、アーカイブの中で見つけることができます。
  • オプション2.もうひとつの方法として「メッセージ」からアーカイブしたいメッセージを選び、トークの隣の「×」ボタンをクリックすることでアーカイブすることができます。

Part 2. Facebookでアーカイブしたメッセージをどこで見つけることができるでしょう

仮にアーカイブしたメッセージを後で読みたくなったとします。こういうケースを想定してアーカイブは削除より良い方法と言えるでしょう。アーカイブしたFacebookメッセージを読むためには次のステップに従ってください。

アーカイブしたメッセージを読む
  • 「メッセージ」に行く。
  • 「もっと見る」ボタンをクリックし、全てのトークの上にあるアーカイブボタンを見つけましょう。
  • アーカイブに入りましょう。
  • 読みたいトークを選択してください。アーカイブの中でメッセージを読むこともできれば、受信箱にメッセージを戻してから読むこともできます。

Part 3. アーカイブしたFacebookメッセージを復元する方法

以前にFacebookメッセージをアーカイブした場合、おそらくそのメッセージがまた必要になることを予測していたことでしょう。これらのアーカイブしたメッセージをどうしたらアーカイブ解除できるのでしょう?これは想像以上に簡単です。以下のインストラクションに沿って試してみてください。

アーカイブしたfacebookメッセージを回復する
  • 「メッセージ」から「もっと見る」を選択し、「アーカイブ」ボタンをクリックしましょう。
  • アーカイブに入り、回復したいトークを選んでください。
  • トーク上のアーカイブ解除をする小さな矢印ボタンをクリックしてください。または「アクション」から「アーカイブ解除」のボタンを選択してください。
  • トークが復元され、受信箱でトークを見つけることができるようになります。

Part 4. Facebookでメッセージまたはトークを削除する方法

スパムメッセージやもう読みたくないメッセージがFacebookアカウント上にあったらどうしますか?メッセージをアーカイブするのではなく、削除する必要があるでしょう。これは永久消去であるということを忘れないでください。Facebookでメッセージまたはトークを削除するには次のステップに従ってください。

facebookメッセージを削除する
  • メッセージい行き、削除したいトークを選択しましょう。
  • トーク画面の右上角の「アクション」ボタンに行きましょう。
  • 「トークを削除する」を選択し、「トークを削除する」のボタンをクリックして近ファームしてください。
  • 「メッセージを削除する」ためのオプションもありますが、このオプションはトークから選択したメッセージのみを削除するものです。

Facebook内のアーカイブしたメッセージを扱うことはとても簡単です。トークをアーカイブするにしても削除するにしても、または回復したり古いアーカイブメッセージであっても、このインストラクションに従えばたった数秒で設定することができます。また、将来必要になるかもしれないメッセージは決して削除しないでください。アーカイブ内で簡単に保管することができ、必要な時にすぐ読むことができます。スパムメッセージや確実に必要な情報が含まれていないメッセージだけ削除するようにしましょう。

Back to top