突然、iPhoneが壊れてしまいリカバリーモードに突入せざるを得ない場合という場面に遭遇したユーザーの方も多いのではないでしょうか。リカバリーモードになってしまうと、iPhoneを工場出荷状態に戻してしまうため、当然すべてのデータが消えてしまい、バックアップがなければ本当の意味で初期化されてしまいます。は同じです。

しかし!今回ご紹介するソフトiSkysoft「iPhone データ復元 for Windows」にはリカバリーモードをしなくてもiPhoneのシステムを修復することができる機能が備わっています。 今回は、そんなすごく便利なソフトについてご紹介します。

夢の様なソフト?!

iPhoneが壊れてしまった場合、まずはじめに物理的破損でなければリカバリーモードを実行することで大抵の場合は治ります。それでも治らなければ、DFUモードを使って治すのですが、それでも治らない場合があります。そうすると、appleストアなどで新品との交換になるのですが、すごく手間がかかりますし、正直面倒くさいですよね。

しかし!iSkysoft社が開発したiSkysoft「iPhone データ復元 for Windows」というソフトは、そんな面倒な手間を掛けることなく、自宅で簡単にiPhoneのシステム修復を行うことができます。まさに夢の様なソフトウェアですね。

この「iSkysoft「iPhone データ復元 for Windows」を使ってシステム修復をした場合、中のデータを消去する必要はなく、データには何の手も加えずにシステムだけを修復するのでバックアップがなくても完全に復元させることができます。ただし、不測の事態を想定して常にバックアップをとっておくと良いことに変わりはありません。

操作手順もものすごく簡単です。

ステップ1:『iPhone データ復元 for Windows』の無料体験版をインストール

まず、PCにiPhoneを接続します。もし、この段階で接続しても認識しなかった場合は、一回接続を解除し、iPhoneの電源を切ってください。そのままホームボタンを押しながら、再度PCと接続するとリカバリーモードになります。これで認識します。

『iPhone データ復元 for Windows』のインストール

ステップ2:「システムの修復」をクリック

次に、画面に出ているブラウザのURLをコピーし、ブラウザに貼り付けダウンロードします。これは、iPhoneのファームウェアですので非常に重要なものです。

「システムの修復」をクリック

ステップ3:iPhoneを復元する

ダウンロードしたあとは、画面の指示に従い保存場所を入力します。右側にある「参照」というのを押せば簡単にどこに保存してあるかを見ることができますよ。

iPhoneを復元する

その後は、システムが勝手に修復を行ってくれます。PCとiPhoneが正しくしっかりと接続されているかを確認してから実行してください。修復には10分ほどかかる場合があるので終わるまで放置です。これで、iPhoneのシステム修復が完了しました。元通り使うことができます。

iPhoneを復元する

リカバリーモードでデータを消さずに済む

iSkysoft「iPhone データ復元 for Windows」を使うメリットとしては、「リカバリーモードでデータを消さずに済む」という点です。どうしても、リカバリーモードにしてしまうとデータを消去しなければなりません。

しかし、このソフトを使えばそういったことをしなくてもiPhoneのシステムを修復することができますし、その他にもデータを復元することができるなど様々なメリットが満載となっています。

iSkysoft社のiSkysoft「iPhone データ復元 for Windows」のホームページから有償ですがダウンロードすることができますし、無料試用版も同じところからダウンロードできますので、有償版を買う前に試してみたい!という方は無料試用版で様々な機能を体験してみると良いですよ!

Back to top