iPhoneが盗まれたりなくなったりした時のために、iPhoneのバックアップをとりましょう;iOS 9にアップデートする前にも、iPhoneのデータのコピーを取っておくことが必要です。多くのユーザーが最新のiOSバージョンにアップグレードするプロセス中にデータを失っています。iOS 9のアップデートも例外ではありません。しかしどのようにiPhone, iPad, iPod touchのバックアップをするのでしょうか?この記事ではiOS 9のアップグレードの前にデータをバックアップする3つの方法をお教えします。

方法1.iOS 9にアップグレードする前にiTunesでiOSデバイスをバックアップする方法

iTunesのバックアップはパソコンでiTunesを積極的に使用している場合やそのパソコンのiTunesライブラリにiOSデバイスを同期させている時などにおすすめです。もしiTunesを使って同期をしたことがなければ、iCloudバックアップを代わりに使ってください。

iTunesを使用してデータをバックアップすることを決めたら、iTunesをタップしてiPhoneを接続し、メインプログラムに付随する画面の左側に表示されたら、右クリックをして、「今すぐバックアップ」を選択します。さらにiPhoneとコンピューターを同期させるたびに、iTunesがiPhoneすべてのバックアップを行います。

ios 9 iTunesでiOSデバイスをバックアップ 

方法2.iOS 9にアップグレードする前にiCloudでiOSデバイスをバックアップする方法

iCloudを使用してデータをバックアップすることを決めたら、iOSガジェットでiCloudのバックアップを設定します。もしiCloudですでにアカウントをお持ちであれば、すでに現在のiPhoneの連絡先、設定、テキストメッセージなどのバックアップをお持ちだと考えられます。

iCloudバックアップを設定するには、「設定」を開き>「iCloud」>「ストレージとバックアップ」に進みます。その後、「iCloudバックアップ」をオンにして、「今すぐバックアップ」をクリックします。

ios 9 iCloudでiOSデバイスをバックアップ 

方法3.コンピューターでiOS 9のためにバックアップを作成する方法

上記2つの方法は決して難しくなく、ユニークな利点もあります。実際、iPhoneバックアップの問題はiPhoneのユーザーから示され、その多様な問題は独自の解決策があるかもしれません。コンピューターにデータを直接バックアップする方法をご紹介します。

iOS 9のためにバックアップを作成

iSkysoft iPhoneデータ復元は、iPod Touch, iPad, iPhoneのほぼどのモデルからも、異なるタイプのファイル(例えば連絡先、メッセージ、ビデオ、写真、カレンダー、メモなど)を復元したりバックアップしたりできるソフトウェアの1つです。また、iTunesやiCloudバックアップから部分的にまたは全体的にデータを復元できます。さらん、iPhoneやiPad、iPod touchを通常に戻すことができます。

iOS 9バックアップを作成

Step 1. デバイスを接続し、スキャンを起動する

インストールプロセスを経て、プログラムを起動させたら、「iOSデバイスから復元」というモードを選択すると、自動でiOSガジェットを関連付けます。「開始」をクリックするとデバイスのスキャンが始まります。プログラムがあなたのガジェットを確認し、関連のファイルを見つけます。

iOS 9バックアップを作成

Step 2. コンピューターへデータをバックアップ

スキャンが完了したら、iPhoneデバイスにあるすべてのファイルのプレビューをします。カテゴリーや復元したいものを選択します。本当に必要な場合は失ったデータと現存のデータを区別することも可能です。「復元」ボタンをタップします。コンピューターにデータを復元できているでしょう。

Back to top