動画編集ソフトには様々なものがありますが、MacのiMovieはMac上に保存されている動画に加え、ビデオカメラの映像もソフト上に追加して手軽に編集できる良さがあると思います。

さらに、iMovie はMacと同じようにボタン等もわかりやすく、オリジナリティを織り交ぜながらの少し凝った映像も作成できるので、愛用している方も多いはずです。そんな使いやすさの一方で、iMovieは画像などが編集できないため、画像をビデオにする時は使用できないという面もあります。

そこで、Mac版のiMovieの代替ソフトとしておすすめするのが「Filmora 動画編集 for Mac」になります。

Part 1. Mac用のiMovieの代替プログラムを紹介

このソフトは使われることの多いWMVや人気のあるMP4、AVIなどといったファイルも読み込め、シンプルな画面で難しい作業もなくスムーズに色々な編集ができる優れたソフト

です。それでは、その 「Filmora 動画編集 for Mac」の操作手順や機能などを簡単にご紹介していきたいと思います。

ガイド

まず、動画の追加もクリックですぐに行えるようになっていて、ソフトのメイン画面から左上の「追加」ボタンでパソコン上の動画を選択していくだけとなります。そして、追加した動画を画面の下にあるタイムラインにドラッグで移動させることで、動画に効果や編集を加えることができるようになります。


ガイド

編集では、「テキスト」の項目から映像に文字を入れ、表示の仕方も任意の設定が可能です。さらに、「フィルター」で映像に効果をつける他、オシャレに画面を切り替えできる「トランジション」などで動画をより楽しく見やすいように仕上げられます。


ガイド

また、BGMも動画と同じような流れで追加できるので、動画にお気に入りの音楽を合わせるのも思い通りに行えます。こうして動画の編集を終えた後、このソフトはすぐにその動画の変換に移れるのが大きな特徴です。画面右の「作成」ボタンでiPhoneやDVDなど手元にある端末や形式を選び、動画を保存できます。


Part 2. iMovie vs Filmora 動画編集

iMovieよりシンプルで

iMonieは編集についてはしっかりと行えるものの、その後の変換は別のソフトが必要になりますが、今回の「Filmora 動画編集 for Mac」はこの作業が一度でできる魅力的なソフトだと思います。

さらに、作成した動画も上記の端末以外にMOVやMP4、WMVなどのファイルにも対応していることから、色々な場面で活用できます。また、編集中も効果や演出などもクリック1つで加えられ、画面で確認しながらの作業ができるので、初心者の方でも巧みな動画作りができると思います。

Macをお使いの方はiMovieの代わりに「Filmora 動画編集 for Mac」で動画編集を快適に進めてみてはいかがでしょうか?

 

iMovie

Filmora 動画編集

価額 1814円 6780円
OS Mac OS X, iOS OS X 10.7 またはそれ以降 (10.7~10.11(El Capitan))
動画エフェクトとオーディオトラック 対応 対応
対応入力形式

ビデオ: 3GP, MP4, MOV, M4V AVCHD, DV

オーディオ: AAC, AC3, AIFF, MP3

画像: なし

 


ビデオ:MP4, FLV, AVI, VOB,3GP, ASF, MOV, F4V, M4V, MPG, TS, TRP, M2TS, MTS, TP, DAT, WMV, MKV, DV, MOD, TOD, EVO
オーディオ: MP3, WAV, WMA, AIFF, OGG, AAC, M4A, AC3, AIF, APE, AU, FLAC, MKA, MP2


画像: JPG, PNG, GIF, BMP, TIF, ICO
共有 (Facebook, Twitter, メール…) 対応 対応
デバイスへの出力 iPhone、iPadiPod touch(iCloudを使う)
・iPhone 3G, iPhone 3GS, iPhone 4, iPhone 4S, iPhone 5, iPhone 6
・iPod nano, iPod touch, iPod classic 
・iPad, iPad 2,the new iPad  
・Android 
・Archos Player, Creative Zen Player, ZunePSP
DVDに焼く なし 対応
Back to top