現在MacのOSはOS X v10.10「Yosemite」ですが、今秋にMacのOSの最新バージョンとなるMac OS X El Capitanが登場し、パブリックベータ版は既に試す事ができます。
今回登場するMac OS X El Capitanですが、現行のOS X v10.10「Yosemite」から何処が変わったのか、その評価など気になるところでもあります。


Part 1. Mac OS X El Capitanに搭載された新機能


まずMac OS X El Capitanに搭載された新機能には、メモの強化、サファリの改良、Spotlightの改良、画面の分割などがあります。

#1. メモの強化

メモの強化では、ブラウザのリンクや写真などの機能をメモと一緒に登録できるようになり、更にそのメモをiPhoneなどで共有できる様になりました。
この機能により、メモの活用の幅が非常に広がるとして好評価を得ている様です。

mac os x el capitanメモアプリの強化 

#2. サファリの改良点

サファリの改良点はタブをピンで固定できるようになり、タブを小さく固定する事や、音や音楽の出るタブをショートカットでミュートにする事ができる様になりました。
このタブの固定は、多くのMacユーザーが求めていたものでもあり、高評価を得ている様です。

mac os x el capitanサファリの改良 

#3. 画面の分割化

画面の分割化も多くのMacユーザーが求めていたものの一つで、フルスクリーンモードとの切り替もボタン一つで簡単にできます。
この機能が搭載されたことにより、ブラウザを見ながらの文章作成や、買い物したい商品の比較なども簡単にできるので高評価を得ています。

mac os x el capitan Split ZViewで画面の分割化 

#4. 改良点の高評価

他にも、指を速く動かすとカーソルが拡大するといった事や、スワイプでメッセージのキープや削除などの改良点も高評価を得ています。

mac os x el capitan入力方式の改良 

#5. マイナス面な評価

このように多くのプラス評価を得ているMac OS X El Capitanですがマイナス面もあり、画面分割では多くのアプリに対応していないという事や、Spotlightが日本語に対応していないという事があります。

mac os x el capitan Split ZViewで画面の分割化 

Part 2. データ消失した場合、Mac用復元ソフトを使ってデータを復元

このような強化や改良点、更には安定性やスピードを総合的にみると、Mac OS X El Capitanへのアップデートは必要かと思われます。しかし、いくらMac OS X El Capitanにアップデートしても、必ずといってよいほど起こりえるものがデータの消失です。データ消失した場合、復元ソフトを使ってデータを復元しなければなりませんが、これから登場するMac OS X El Capitanに対応しているソフトを探すのは困難を極めます。

iSkysoft 万能データ復元! for Mac

そこで、Mac OS X El Capitanにアップグレードしようと思っている皆さんに、Mac OS X El Capitanにいち早く対応した「iSkysoft 万能データ復元!for Mac」というソフトを紹介したいと思います。

「iSkysoft 万能データ復元!for Mac」は、操作ミスで消去してしまったデータや、フォーマットされたデータを完全に復元する事ができます。復元にかかるスピードも他のソフトより格段に速く、操作も少ないステップで簡単に行なう事ができるので、初めての方にも安心して扱えます。他にも、復元可能なデータの種類も豊富で、外付けHDDやSDカードなどのデータの復元も可能となっているので非常に便利です。「iSkysoft 万能データ復元!for Mac」があれば、安心してMac OS X El Capitanをアップロードして楽しむ事ができるのでしょう。

Back to top