動画ファイルを回転させるのは重要なことですか?あまり深刻に受け取らないかもしれませんが、動画ファイルを扱うときには、重要なことの1つとなります。動画ファイルが回転を必要とするのは、いつもではありませんが、必要なときがあります。ここで知っておいていただきたいのは、動画回転に使用できるソフトウェアプログラムはたくさんあるということです。情報を知っておけば、あなたのニーズに合うよう、適切な判断ができるでしょう。

iSkysoft動画編集for Mac

動画を回転させるおすすめの方法

市場に様々なソフトウェアプログラムがある中で、「iSkysoft動画編集for Mac」は動画編集のためのソフトとして突出しています。MKV, WMV, TRP, MPEG, FLV, MP4, ASF, M4V など様々な形式の動画を回転できます。完全に互換性のあるソフトウェアなため、イライラすることはないでしょう。動画を速くしたり遅くしたりするスピード変換や、回転する動画をみることができるタイムライン、オーディオ抽出や動画最適化コードなど、回転した動画の質を向上させる機能もあります。

動画を回転させて保存させる方法のガイド

以下のガイドは「iSkysoft動画編集for Mac」を使用して動画を回転させるときに助けとなるでしょう。

Step 1. 回転する動画ファイルをインポート

回転させるファイルをインポートして、タイムラインに追加します。ファイルから「メディアをインポート」を選択するか、プログラム上部の 動画を追加をクリックします。ファイルのインポートにかかる時間はサイズによってかわります。回転するときに楽なように、プロジェクトライブラリに追加されていることを確認しましょう。

動画追加

Step 2. 回転を開始

プロジェクトライブラリに入ったら、回転する動画を選択肢、「クロップ」メニューを開いて設定の調整を行います。 回転ボタンが表示され、 動画回転 を使って動画の回転を行います。正しい方向を選択し、回転プロセスが完了したらOKをクリックします。指示された通りに回転し、その後エクスポートすることができます。

回転を開始

Step 3.エクスポートと保存

お好みの出力オプションを選択して、「作成」をクリックし、プロジェクトを保存します。

回転した動画を保存

なぜ動画の回転が必要なのか

動画の適切な鑑賞はファイルの回転を必要とする1つの理由です。時々、ファイルが上下逆だったり、反時計回りになっていたりして、見づらいことがあります。この異常は、正しい角度で鑑賞できるようにする動画の回転によってのみ、修正できます。動画の回転は個人的な要求とニーズに合うようにするものですので、最適なオプションを探すようにしましょう。

回転を必要とする他の理由に、動画の角度を様々決められるというものがあります。理想的には、7つ以上のオプションがあるものが良いです。ファイルに設定されている動画のアングルが、最高の楽しみを保証するために正しい向きかを確認しましょう。動画を見る角度というのは、最終的な動画の質を左右し、回転でのみ変更することが可能です。

動画は360度、270度、180度、90度と多くの人が動画を見る際に好む一般的な角度に、回転させることができます。また、動画を水平や垂直に回転させることもできます。動画回転に使えるソフトウェアはアドウェアがないので、コンピューターをウイルスから守ることができます。多くの人がウイルス攻撃を恐れてソフトウェアプログラムの使用を恐れますが、動画の回転を行うことは安全です。ニーズに合うソフトウェアを選択するだけで良いのです。

Back to top