無料ダウンロード
windows
無料ダウンロード
mac

iMovie動画回転:iMovieで動画を回転する方法

> How to > 動画編集 > iMovie動画回転:iMovieで動画を回転する方法

• Filed to: 動画編集 • Proven solutions

多くの動画編集ツールが便利な高度機能を提供しています。しかし正直に言うと、それらの高度機能はほぼ使わない機能に対してお金がかかります。動画回転は、とても基本的な機能で、ほぼどのツールでも含まれています。

最新バージョン Filmora X(フィモーラテン)

video merger
  • *最新機能搭載:モーショントラッキング、カラーマッチ、キーフレーム
  • *動画の明るさを調整、動画分割、回転、トリミング、ミックス、結合などを備える
  • *フィルター、トランジション、オーバーレイ、エレメント、字幕、タイトル編集を内蔵する
  • *縦横比、色相、明るさ、速度、彩度、コントラストなども調整できる
  • *ローカル、デバイス、ウェブサイトとDVDの四つの方式で動画を出力できる
  • *初心者や専門家にとっても最高のビデオ編集ソフト
  • *動画編集をもっと簡単に!

Part 1: 動画回転が役立つのはどのような時か?

動画回転

マルチメディア編集の動画回転は特定のシナリオでとても便利です。例えば、多くのショッピングモールや店では役立つ情報や広告が表示されている画面をみるでしょう。多くのスクリーンが例えばスタンドに合うよう、縦に置かれているのに気づくかもしれません。もし動画を横向きにしたら多くのスペースが使われないスペースとして黒で表示されるか、動画がきれいに見えません。

動画回転が役立つ他のシナリオは、動画がスマホで正しく録画されなかった時、例えば横向ではなく、縦に持ってしまった場合です。どちらのケースでも問題は動画編集の回転機能を使えば回転に修正できます。


Part 2: Mac OS XでiMovieを使用して動画を回転する方法

MacのiMovieは動画編集アプリケーションの中で最も簡単に使え、よく知られているものの1つです。動画回転に対応しているとともに、基本的・高度な機能もあります。iMovieを使うと3つのステップで簡単に動画を回転できます。

  • Step 1. クロップのため、動画をインポートします:もしすでに動画をインポートして、iMovieで作業している場合、ビデオビューアーの下部にあるクロップボタンを選択するだけです。ファイル>インポートと進み、キーボードのCを使ってクロップ/回転することもできます。

    iMovie 動画回転
  • Step 2. Start to iMovieを使って動画のクロップをします: クロップをクリックしたら、上部に左か右を指している矢印が表示されます。これらを使って必要な方向へ動画を回転できます。

    iMovie 動画回転
  • Step 3. 設定をします:動画に調整を加えたところで、覚えておかなければいけないことは、動画が画面にフィットしなく、動画をクロップして調整する必要があるということです。これは動画の下部のクロップボタンをクリックするとできます。

    動画を回転させる

Part 3: 動画回転のiMovie代替品

動画を回転させる

iMovieの他にとても使える追加機能を提供したり、Apple以外のデバイスとも互換性を持ったりする多くのオプションがあります。その1つは 「Filmora for Mac」で、これはより多くの機能があり、主要なビデオ形式とデバイスに対応している動画編集ソフトです。

もし簡単でありながら、どれほどの機能を持っているか試したい場合、Macで無料で試すことができます。しかしiMovie以外のツールで動画回転がどれほど簡単になるのでしょうか?それを知るには「Filmora for Mac」を使用して同じ回転プロセスをしてみましょう。

  • iMovieと同じように、Filmoraで最初にすることはソースファイルを追加することです。これをするにはファイルをアプリケーションにドラッグするか、上部のインポートをクリックします。その後インポートしたファイルを下部の動画タイムラインにドラッグします。
  • 動画タイムラインで動画をクリックすると、小さな編集ボタンが表示されます。または動画を右クリックして、編集を選択することもできます。
  • A 新しいセクションがアプリケーションの左上に表示されます。ここから動画を回転したり、反転したり、明るさや速度など他の設定を調整できます。

iMovieではアプリケーションの別々のセクションにすべての設定がわかれていますが、Filmoraでは同じ画面からアクセスし編集できます。また、簡単モードがあり、数クリックするだけで、新しく素晴らしい動画を作成することができます。作成したものを出力するときは簡単にBlu-ray, DVDにエクスポートでき、iPad, iPhone, iPod, Androidデバイスなどのプリセットから選択できます。


Part 4: iPhotoで動画を回転

多くの動画編集ツールが便利な高度機能を提供しています。しかし正直に言うと、それらの高度機能はほぼ使わない機能に対してお金がかかります。動画回転は、とても基本的な機能で、ほぼどのツールでも含まれています。

iPhotoもプレインストールされているアプリケーションです。iMovieの写真版と考えましょう。動画回転はできず、写真だけですが、(上記の手順を使って)iMovieで回転するためにエクスポートしたり、Quick Time Proなど他の動画編集で回転したりできます。

Step 1: iPhotoをアプリケーションフォルダから開きます。もし消していたり、Macに入っていなければ、、ここからダウンロードできます:iPhotoをダウンロード.

Step 2: ファイルメニューからエクスポートしたい動画クリップを選択し、エクスポートをクリックします。

エクスポートオプションを「オリジナル」にすることを覚えておきましょう。そうでなければiPhoto動画のショートカットが作成され、他のソースにコピーしたりアップロードしたりできなくなります。

Step 3: Macでエクスポートした動画を探し、iMovie, Quick Time Proまたは他の動画編集ソフトウェアで開きます。iMovieで動画を回転する手順は上記をみてください。

iPhotoで動画を回転

All Topics