iPhoneが重い?動作の遅いiOS 12端末を軽くする対処法

• Filed to: iOS12 • Proven solutions

iPhoneが重い?これを知っていればすぐに軽くなる22の方法

1.視差効果を減らす

iPhoneの動きに合わせて壁紙やアイコンを動かす操作を減らすことができて、CPU負荷を減少させます。

2.「メッセージのエフェクトを自動再生」をオフ

視差効果を減らすをオンにすると「メッセージのエフェクトを自動再生」が表示されるので、オフにすると表示されなくなりCPU負荷を減少します。

3、「透明度を下げる」をオン

「透明度を下げる」を有効化することで、無駄な動作が減りパフォーマンスを向上できます。

4.「Appのバックグラウンド更新」の設定

APPがバックグラウンドで稼働していると、それだけCPUを使うので「Appのバックグラウンド更新」をオフにします。

5. アプリの自動アップデートを停止

アプリの自動アップデートを有効にしていると、常にアプリの状態を監視して自動更新がかかるようになっていますが、オフにすることで無駄な通信が無くなりスピードが上がります。

6. バックグラウンドアプリを終了

写真や動画のデータフォーマットを変更してファイルサイズを小さくすることができます。

7.不要な写真や動画を削除して空き容量を増やす

ストレージ容量が少なくなるとスピードが遅くなります。 そのためにも、府日羽陽な動画や写真を削除することで、スピードアップできます。

8.カメラで写真や動画のフォーマットを変更

iOS12には写真アプリ「For You」が追加されていてフォトライブラリにある最高の瞬間を共有できるようになっています。 写真検索機能も追加されて、写真の管理がよりしやすくなっています。

9.Spotlight検索やSiriの検索候補をオフ

Spotlight検索やSiriの検索する候補を削除することで動作が早くなります。

10.Siriをオフ

Siriをオンにしていると重くなります。 Siriを全面的にオフにするか、アプリを個別にオフにしていきます。

11.Facebookやゲームなど特定のアプリを再インストール

アプリが落ちた時にキャッシュデータが作成されて、徐々に動作が遅くなります。 良く使う正常動作をするアプリのみを再インストールします。

12.Bluetoothの完全オフ

Bluetoothをオンにしているとメモリと電池を消耗してしまうので、使わないときはできるだけオフにしておきます。

13.キーボードの予測変換をリセット

キーボードの予測変換を使っていると、思っている以上にiphoneに負担をかけてしまいます。

14.キーボードの音を消す

キーボードを使っているときに入力するごとに音を鳴らしていると、iphoneに負荷を与えてしまいます。 キーボードの音を消すようにします。

15.Safariなどブラウザの履歴とキャッシュを削除

ブラウザの履歴とキャッシュは容量を必要とするので、全て削除するとIphoneへの負荷を抑えることができます。

16.位置情報サービスから「常に許可」を削除

位置情報サービスの「常に許可」を削除することで、動作が早くなります。

17.不要なアプリ及びキャッシュを削除する

長い期間iPhoneを使っていると、ストレージを圧迫して動作が遅くなることがあります。 不要なアプリやキャッシュを削除することで動作が早くなります。

18.アプリのアップデートを確認

インストールしているアプリの更新をしないで使っていると、動作が重くなります。

19.iCloudとの同期をオフにする

iCloudとの同期をオンにしていると、どうしても動作が遅くなることがあります。

20.iOSをダウングレードする

どうしてもiosの動作が遅くなるので、iosをインストールを削除することで症状を軽減できます。

21.iOSデバイスを再起動・初期化

iOS自体を再起動することで、動作が早くあることもあります。 デバイスを再起動して速度を速めることができます。

22.バッテリーを新品に交換する

動作が遅いのは、バッテリーの寿命近くになったときに動作が遅くなります。 バッテリーがiOSの中枢となります。 そこでアップデート以外でも見られるのが、バッテリーを新品に切り替えるとスピードがアップします。



> How to > iOS12 > iPhoneが重い?動作の遅いiOS 12端末を軽くする対処法