iTunesを使わずiPhone6とMicrosoft Outlookを同期するには

お使いのパソコンがMacで仕事にお使いの方、ベースとしてMicrosoft Outlookを使用できます。しかしながら、これは仕事の成果を全て更新するためにパソコンで頻繁にOutlookを同期する必要があることを意味します。つまり、このような転送のために、常にiTunesが必要ということです。しかしiTunesを使うと大変面倒で、時間もかかるため、iPhone6とOutlookを同期する方法を変えるべきです。この記事ではiPhoneとOutlookを同期するための解決策をいくつかご紹介します。

Part 1: iPhone6とOutlook E-mailを同期するには

iCloudを使う

携帯とOutlookメールを同期するためにiCloudを用いることは最善な方法の一つです。そしてこの方法は、同期のプロセスでiTunesを使わずに行えるとてもシンプルで便利な方法です。

 

iCloudを使ってOutlook E-mailを同期する

Microsoft Exchangeを使う

Microsoft Exchangeはそれ自体で素晴らしいツールですが、Outlookより後に作成されたため面倒な手間をかけず、簡単にiPhoneにメールを同期することが可能です。同期についてはシンプルな手順を踏むだけでできます。


Microsoft Exchangeを使ってOutlook E-mailを同期する

ご覧の通り、ExchangeかiCloudを使うととても簡単にセットアップができ、これらのアプリケーションがOutlookとiPhoneメールのデータベースを一度に同期することによって、簡単に作業することができるでしょう。

Part 2: iPhone6にOutlookタスクを同期するには

Outlookはシンプルなメールだけのアプリだけではなく、実際は非常に多くのタスクを含んでおり、たった一つの目的である生産性の向上を叶えてくれるものです。このタスクの同期にはiTunesを使う必要はなく、代わりにある非常に多くのアプリケーションが手間をかけずに処理してくれます。

Day-Timerを使う

このアプリケーションを使うことによって、全ての同期を簡単に行うことができます。このアプリケーションを起動している間はOutlookを閉じ、手順を行うだけです。

裏ワザ: もちろん、この同期のプロセスのために、TaskTaskのような多数ある他のアプリケーションを使うことも可能です。Microsoftアカウントを追加しアプリをセットアップ、次にNextを選択します。これで、サービスに資格情報を提供すれば、アプリは自動でOutlookタスクを同期します。TaskTaskアプリを経由して、携帯でタスクを管理することができます。

渡辺純子

Nov 09,2015 17:44 pm / Posted by to iOSデータ管理

関連トピックス

Home > iOSデータ管理 > iTunesを使わずiPhoneとMicrosoft Outlookを同期するに
Top