iPhoneをいつも頻繁に使用している方にとっては、日々の中で色々なデータが積み重なっていくはずです。連絡先や写真、動画に加え、メッセージの中にも家族や友人から大切な内容が保存されているかと思います。こうしたデータを守るためにiPhoneには本体とは別の場所にデータを保存する同期の機能が存在します。

というわけで、今回はiPhone6でメッセージを同期する方法をいくつか紹介したいと思います。

Part 1: iTunesでiPhone6のメッセージを同期方法

最初はiTunesでの同期方法になります。

 

  • Step 1: そのため、まずはお使いのパソコンでiTunesを起動した状態でiPhone6の接続を行なっていきます。
  • Step 2: 次に、接続したiPhoneがiTunesの画面の右上に項目となって表示されるので、それをクリックします。

 

  • Step 3: そして、iPhone6内のデータに関連する設定などの画面に入ったところで、画面の上部に「概要」という項目があるかと思います。

 

  • Step 4: その中にある「バックアップ」の表示から「このコンピュータ」を選んで最後に「適用」をクリックすると、メッセージを含めた様々なiPhoneのデータをパソコン上に保存されていきます。

 

  • Step 5: さらに、この設定によって今回のようにiPhoneとiTunesをつなげる度に自動でデータが同期されますが、それとは別に同じ画面上から手動でお好きな時にバックアップを作成することもできます。

Part 2: iCloudでiPhone6のメッセージを同期方法


2つ目はiCloudを使用した同期の仕方です。iCloudを使用している方はご存知だと思いますが、iCloudは写真、連絡先、カレンダーなどの他にメッセージの同期もしっかりと行なえるようになっています。

Step 1: 早速、iPhone6からiCloudを利用するためには、Wi-Fi通信をした状態で「設定」をタップして「iCloud」に進みます。

Step 2: そして、Apple IDでログインを済ませた後は場合によって利用する上での設定をする必要があります。

Step 3:次は各データの同期についての設定の下にある「バックアップ」を選択します。

Step 4: 表示された画面で「iCloudバックアップ」が有効になっているのを確認し、あとは「今すぐバックアップを作成」を選択すればiPhoneのメッセージもiCloud上に保存されているはずです。

iPhone6メッセージの同期 

ソフトを起動したところで、まずは画面表示に沿ってお使いのiPhone6をWindowsに接続して端末の情報をソフト上に読み込みます。続いて、画面上にiPhone6が現れると同時にデータの項目が画面の左に表示されます。そして、そのデータの項目の中からメッセージの項目が見つかると思うので、そちらをクリックしていきます。すると、iPhone6内のメッセージが表示されるため、その中で転送したい任意のデータにチェックをして、画面上の「エクスポート」を選択します。以上の短い操作でiPhone6のメッセージがWindows上に同期され、このソフトでの同期作業は終了です。

このソフトはメッセージ以外にも音楽や写真をほぼ同様の手順で手軽に同期が行なえるだけでなく、音楽もiTunesや他のデバイスなどに転送ができる優れた代物です。iTunesやiCloudでの同期の方法も大切ですが、ソフト1つで細かい設定もせずにiPhoneのデータを自由自在に管理できるこのiSkysoft 「iPhone データ転送 for Windows」を是非ともおすすめしたいです。

Back to top