通勤・通学の道中や自宅などリフレッシュも兼ねて音楽を聴きたくなる場面は色々とあると思いますが、音楽を楽しむ上ではiPodが便利かと思います。iPodで手軽に音楽を聴けるものの、特に好きな曲はiPhoneにも保存しておけば、より自由に音楽が楽しめるはずです。このように、音楽を管理する時にiTunesを活用するのも一つの方法ですが、操作が難しいと感じる方や作業がうまくできなかったという経験した方もいるのではないでしょうか?


そこで、iPhoneやiPod双方の音楽や写真などのデータの管理をよりわかりやすく、スムーズにしてくれるおすすめソフトを紹介したいと思います。そんな魅力あるソフトとは「iSkysoft iPhone データ転送 for Windows 」、(または「iSkysoft iPhone データ転送 for Mac」)です。今回はこのソフトを使ってiPhone6とiPodのデータを同期する手順をMacとWindowsそれぞれで説明していきたいと思います。


iSkysoft iPhone データ転送 for Windows 

iSkysoft iPhone データ転送 for Windowsをお勧めしたい原因

iSkysoft iPhone データ転送 for Windows

iデバイスからPCに転送

iPhone、iPodからPC/iTunesにファイルを転送できる。

iSkysoft iPhone データ転送 for Windows

PCからiデバイスに転送

PC/iTunesからにiPhone、iPodファイルを転送できる。

iSkysoft iPhone データ転送 for Windows

フアイルを変換する

自動的にファイル形式を検出し、iDeviceの互換性のある形式に変換する

iSkysoft iPhone データ転送 for Windows

iPhone、iPadフアイルの管理

iPhone、iPadの写真を転送、管理&楽しみなどができる。

Part 1: WinでiSkysoft iPhone データ転送でiPhone 6 と iPodの同期

必要なもの:

コンピュータ;
「iSkysoft iPhone データ復元 for Mac」

所要時間:

ファイルのサイズによります

難易度:

簡単

Step 1

さて、Windows上での操作の説明をしていく前に、事前にインストールが完了しているか確認して頂いてその上でソフトを起動していきます。起動後は画面にも表示されますが、まずはWindowsにお使いのiPodを接続してデータを読み込んでいきます。

iPhone 6 と iPodの同期

Step 2

次に、iPodのデータの項目が表示されたところで、iPhone6と同期したいデータを選択します。写真は画面左の項目からクリックし、音楽なら「メディア」から画面上部の「音楽」を選んで頂ければと思います。それらの項目の中から任意のデータのチェックをした後は、「エクスポート」の項目から「PCへエクスポート」を選び、Windows上に保存していきます。

iPhone 6 と iPodの同期

Step 3

そして、Windowsに保存したiPodのデータをiPhone6と同期するため、同じようにiPhone6をパソコンに接続します。ちなみに、MacとWindowsのどちらでも可能なのですが、iPodからパソコン上に保存したデータが音楽のみの場合はiPhone6に転送する作業はボタン1つであっという間に行うこともできます。

iPhone 6 と iPodの同期

そのため、Windows上ではそのボタンからの転送方法を紹介することにします。作業は非常に簡単でまず、メイン画面上にある「デバイスに」というボタンをクリックします。そこから先ほどパソコンに保存したiPodの音楽を選択すると、あとは自動的にiPhone6にデータが転送されて同期が行なわれます。

iPhone 6 と iPodの同期

今回のiSkysoft 「iPhone データ転送 for Mac、for Windows」は操作の分かりやすさに目を引かれるので、iPhoneやiPodの同期に慣れていない方でも悩まずに安心してデータを転送できるかと思います。そして、データをパソコンや他のデバイスに同期することによってバックアップにもなると思うので、データを管理する上で大切なソフトになるはずです。

Part 2: MacでiSkysoft iPhone データ転送でiPhone 6 と iPodの同期

ここからは Mac上での説明になります。

Step 1

最初はWindowsでの手順を同じようにソフトの起動とiPodのパソコンへの接続を行なっていきます。

iPhone 6 と iPodの同期

Step 2

そして、iPhone6にiPodの写真を同期したいなら「写真」、音楽であれば「ミュージック」の項目を選んでいきます。

iPhone 6 と iPodの同期

Step 3

続いて、iPod内の写真や音楽のデータが表示されるため、その中から任意のものを選択して画面上の「エクスポート」から一度、Mac上にデータを保存します。

iPhone 6 と iPodの同期

ここでiPodでの作業を終了し、次の手順としてはiPhone6で同期をするために今度はお使いのiPhone6をMacに接続します。続いて、メイン画面から先ほどMac上に保存したデータに応じて、画面の左の「ミュージック」や「写真」の項目をクリックしていきます。すると、iPhone6に保存されているデータが表示されるので、画面上部の「追加」のボタンからMac上にあるデータをiPhone6に転送できます。そして、前の作業でMacに保存したiPodの写真や音楽を選択し、iPodとiPhone6の同期作業は完了です。

Back to top