昔は音楽を持ち歩く場合は小型のCDプレイヤーが必要でした。あれから数年が経ち、今ではiPhone 6に好きなだけ音楽を追加して、いつでもどこでも聞くことができるようになっています。iPhone 6に音楽を追加するには色々な方法がありますが、主な手段としてはiTunesとiPhone 6との同期による方法でしょう。どちらも扱い慣れている方はすぐに終わらせることができますが、扱い慣れていない方はやり方がわからない場合があります。

Part 1: iTunesでiPhone 6に音楽を同期させる方法

そこで、iTunesでiPhone 6に音楽を同期させる方法を簡単に説明していきたいと思います。

Step 1

まずはiTunesへ音楽を追加しましょう。

基本的には音楽ファイルや音楽フォルダをiTunesへとドラッグ&ドロップします。あるいはiTunesのメニューから「ファイルをライブラリに追加」をクリックして、追加したい音楽ファイルや音楽フォルダを選択します。こうして音楽ファイルは、画面左のサイドバー内にある「ミュージック」に追加されます。

Step 2

次はiPhone 6とPCをUSBケーブルで繋ぎます。繋いだ時点でサイドバーに自身のiPhone 6の名が表示されていると思いますので、クリックして確認します。

iTunesの画面上部に横一列で概要、情報、App・・・などのタブが登場しますが、その中の「ミュージック」をクリックしてみましょう。すると、iPhone 6との音楽ファイルの同期設定ができるようになりますので、「音楽を同期」にチェックを入れます。さらに、その下にある「ミュージックライブラリ全体」にもチェックを入れ、最後に画面右下の「適用」をクリックすればiTunesとiPhone 6でミュージックライブラリに追加した音楽の同期が始まります。

大雑把に言えば、「iTunesに音楽を追加する」→「iPhone 6とPCを繋げる」→「iTunesとiPhone 6を同期させる」という三つの段階を踏むだけでできますので、わからなかった方はやってみましょう。

Part 2: iPhoneデータ転送でiPhone6へ音楽を同期させる方法

他にもiPhone 6へ音楽を同期させる方法があります。その場合はiTunesを使うのではなく、「iSkysoft iPhone データ転送 for Mac」または「iSkysoft iPhone データ転送 for Windows」を使います。

iSkysoft iPhone データ転送 

feature

必要なもの:

MacやWindows PC;
iSkysoft iPhone データ転送

feature

必要の時間:

非常に高速

feature

使いやすさ:

簡単

ステップ1

iSkysoft iPhone データ転送を開き、iPhone 6をPCと繋いで認識させます。そして画面左にある自身のiPhone 6の名の中にある「ミュージック」をクリックすると、iPhone 6内の音楽ファイルなどが表示され、音楽を管理する画面になります。

iPhone6音楽の同期

ステップ2

画面上にある「追加」をクリックして音楽を追加することができます。これだけでiPhone 6へと音楽を転送することができますので、利用しない手はないでしょう。

iPhone6音楽の同期

画面上にある「追加」をクリックして音楽を追加することができます。これだけでiPhone 6へと音楽を転送することができますので、利用しない手はないでしょう。

Back to top