iPhone6を所有することは常に市場での最新で最も使いやすいアプリケーションを利用する機会に恵まれるので、素晴らしく最高の経験となります。しかしながら、ちょうど今すぐ市場で見つけられる全てのもののように、iPhoneを使用中にいくつかの問題に直面し、標準使用かそれとも他のアプリケーョンで同期を試す時に関係しているといえます。iPhoneは非常に長い間存在すると知られている問題を同期はしません。一部の問題は簡単に解決できるものもあるが一方では、解決するための専門的なアプローチが必要な問題もあります。

ここでは、すぐにわかる(回復できる)iPhoneが同期されないという最も重要で広範囲にわたって現れる10の問題に注目してみましょう。

1..iPhone6はSpotifyで同期しない

Spotifyは非常に人気のある音楽リスニングサービスで、いつでも一つの場所に歌を保存することができるという多くの利便性を提供しています。あいにくそのアプリケーションは音楽を同期することに関してはあまり良く機能せず、そしてこのことが多少のトラブルシューティングを行う必要があるということなのです。

最初に少し注意することは電話が2Gから3Gの接続を通じてしか同期できないという性能になっていることです。これはとても重要でそしてそれゆえ作動可能か確認するためにiPhoneの設定と接続オプションを入力する必要があります。

もし問題なければ、そこでSpotify app設定を入力する必要があり、全ての接続オプションが転送と同期を確実に可能にすることになります。時々、アップデートの後に設定がデフォルトに上書きされ、そしてそれゆえそのような問題が出てくるのです。これらの2つの解決方法は、もしSpotifyですばやく再同期希望の場合のベストな方法であるといえます。

2. iPhone6はEvernoteで同期しない

Evernoteはデバイス間でスケジュールや予約のような情報を簡単に共有することができるアプリケーションです。ここでの主要な問題は、appが機能する方法が極めて特有なため、データを記録するのに多くのデバイスで使用する時に起きてしまうのです。基本的にデータを記録するためにデバイスを使い、そしてサーバーへ同期し、自動的に全てのデータをデバイスに転送します。

時々アップデートあるいは誤作動という問題をもたらし、その解決する唯一の方法はEvernoteの設定を入力し、一度無効にしてから再度同期の課程を有効にすることです。これはとても速く行うもので、そして数秒後に同期を再度有効にすることができます。しかしながら、もしこのことが続けば、データのバックアップを作成しEvernoteを再インストール、それから正しく設定するということが解決するためのベストな方法になるかもしれません。

3. iPhone6はOutlookのアドレス帳の同期をしない

iPhoneがOutlookのアドレス帳の同期をする唯一の方法はUSBを使用する場合とiTunesによる方法です。もしOutlookのアドレス帳がグループに分かれていれば、最初に何かをする前にはグループを選ぼうとするべきです。iPhoneが同期可能かを確認をしてみてください。さもなければ望まない多数の問題を解決する必要がでてくるでしょう。

もしこれも失敗してしまうと、iCloudコントロールパネルのダウンロードを試し、iCloudへファイルをバックアップ、デバイス上からそれらを得ることになります。

4.iPhone6はWunderlistで同期しない

Wunderlistは素晴らしいtodoアプリで多くのオプションのセットやチャンスを提供しますが、あいにく時々iPhoneを同期することは喜びではなく面倒で煩わしいとはっきりわかることもあります。しかしありがたいことに、もし標準的な通知による同期が作動しない場合には回避策があり、そしてその方法は外部ソースを通して通知を転送するというものです。

そのうえ、通知オプションの転送がされる、あるいはiPhoneがインターネット接続を持つということも確認したいかもしれませんが、これが主な問題の一部になる可能性があります。それゆえ電話上でのWunderlistの設定を入力し同期のオプションはそのように全てが途切れなくカスタマイズされることを確認することです。

5. iPhone6はGoogleスケジュールを同期しない

最近の多くの人達は最新のスケジュール、通知の全ての記録をするためにdos(OS)やエンデバーに、Googleスケジュールを使用しそのため電話でこのデータを同期できることは本当に不可欠なことです。ここでの最初の解決法はスケジュールアプリが可視性を持っていることを確認し、設定メニューでスケジュールの同期ができるよう試してみることです。

アプリに入りすばやく完全な信頼性を持って確実に同期されるよう設定することもできます。希望するどんなスケジュールも同期するよう選ぶことができ、そのためもし1回分のまとめではなくいくつかのみ必要であれば、これが同期するベストな時なのです。

もし未だに作動しなければ、iPhoneからGmailアカウントを削除しそれから再度追加するよう試してみるべきです。このことが強制的に同期をさせ、同期を終わらせることに役に立つかもしれません。これが前述の方法がもしうまく機能しない場合のよい考え方になります。

6. iPhone6はiPhotoと一緒に同期しない

もし写真をiTunesを通じてiPhoneの設定に同期したいのなら、時々いくつかの問題に遭遇するかもしれません。ここでの主要な考え方は隣接するアプリケーションを使用することで、あるいはもしそれが不可能であれば、iCloudへ画像を同期するようにしMacで取り入れiPhotoに取り込むようにします。残りの分についてもそのアプリケーションでできるようにするべきです。

7. iPhone6は無線で同期しない

もしそのような問題が起きれば、その問題は無線接続に関するということが明確です。ルーターを再スタートし、そしてもし問題がまだ続いているのかをチェックします。それと同時に設定を入力し、電話と接続性の問題があるのかどうかを確認し、そして可能な限り修正しようとすることです。

8. iPhone6はiCalカレンダーで同期をしない

これはGoogleスケジュールで出てきたものと類似しています。もし強制的に同期を希望する場合はアップルアカウントを一度削除し再度追加をして下さい。又はただiCalの設定を入力してみて同期が可能になるのかを確かめてください。時々、特にソフトウェアやシステムのアップデートの後に元の設定に戻ることがありそれゆえiCalの同期ができないという問題が出てくることがあります。設定を入力することとそれが修正されないのを確認することはここで最も重要なことになります。

9. iPhone6はBluetoothを通じて同期しない

Bluetoothの同期の問題が起きるときは、多数の接続の不安定または正確にデバイスがセットアップされないことにより問題が起きる可能性が高いです。このことはBluetoothの設定オプションを注意深く入力する必要があり適切に電話を使うことにより、Bluetoothの信号が正しく送受信することができるでしょう。もしBluetoothの接続の問題が起きる場合には、ただ機能を無効にしてから再度有効にしてください。

10.iPhone6はiTunesプレイリストに同期しない

このような状況では、電話はジェイルブレイク(不正改造)されたり修正が必要なのにアップデートをしてしまうため,たいていいくつかの問題が出てきます。ここでの考え方としてはiTunesで電話を同期したり工場の設定に復元することが、非常に速く復元することになるということでしょう。もちろん、音楽データのみ削除することによってiTunesを通じて復元しようとすることもでき、重要なデータが確実にバックアップされているのか確認する必要がありますが,完全に復元が機能します。

結果としてiPhoneは最近の広い範囲のアプリケーションで同期の問題に遭遇するかもしれません。そしてこのことがインストールされた多量のデータが原因となり、電話の機能やアップデートなどを妨げる原因となります。現実には、これらのオプションのトラブルシューティングは必要不可欠であり、それゆえ工場用設定に復元またはデータを削除する前にアップデートが行われ、接続設定が正しい方法でセットアップされることを確実にしてみることです。上記に表示されている状況に応じたそれぞれのアドバイスに従ってみることで、経験を向上させることで問題に遭遇することはないでしょう。

iPhone データ転送 for Mac

音楽、写真、動画などをiPhoneから iTunes またはパソコンに同期する

  • 高速でiPhoneのフアイルを iTunes またはパソコンに同期できる
  • メディアファイルのバックアップと管理に便利
  • 音楽、写真、動画などをパソコンからにiPhone転送できる
Back to top