iPhone6を使っていると、データ移行や、バックアップをする機会があり、そのためにはiTunesやiCloudとの同期が必要になります。そもそも同期とは異なるデバイス同士で、ファイルやフォルダーを同一の状態に保つことをいいます。通常、新しく保存されたデータの方に合わせて同期が行われます。同期をしていなかった場合、それぞれをバックアップしたり、移動したりと相当な手間がかかります。もしものときのトラブルを回避するためにも常に同期する必要があると言えます。

ところが何かしらの原因で同期がされないこともあります。そこで同期されない原因と対策、同期の方法を紹介していきます。

Part 1: iPhone6のアプリの同期されない原因と対策

原因 1. 「設定で自動ダウンロードがオフになっている。」

この設定だと同期してもアプリはダウンロードされませんまず「設定」をタップし、次に「iTunes&App Store」をタップ。自動ダウンロードの項目の「App」をオンにします。

原因 2. 「IDが違う」

まず「設定」をタップし、次に「iTunes&App Store」をタップ。上に「Apple ID」と表示されているので、PCのiTunesでサインインしたIDと同じ確認してください。

原因 3. 「設定でインストールがオフになっている」

この場合アプリのインストールができないので、設定を変えます。まずiPhoneの「設定」を開き、「一般」をタップし、「機能制限」をタップします。「許可」のインストールを「オン」にします。「機能制限」自体をオフにしてももちろん大丈夫です。

原因 4. iTunesのバージョン

最新のバージョンにすることで解決する場合があります。まずiTunesを起動し、「ヘルプ」をクリックし、「更新プログラムの確認」をクリックします。「新しいiTunes(〇○)を利用できます。」と表示されたら「iTunesをダウンロード」を選択します。注意:「最新バージョンです。」と表示されたらアップデートは不要です。
Apple Software Updateが表示されるので、チェック項目をクリックし、「○項目をインストール」をクリックします。後は指示に従い、再起動を促す画面表示されたら、「OK」を選択してください。

以上基本的な同期できないときの原因と対策でした。それでも駄目なときは再起動するだけでも解決することもあるので試してみてください。続いてiPhone6アプリの同期方法に移ります。

Part 2: iTunesでiPhone6アプリの同期方法

Step 1: iPhone6とパソコンを、USBケーブルで接続します。

Step 2: そうするとiTunesが起動しますので、iTunes画面左上のスマホのアイコンをクリックし、「App」をクリックします。

Step 3: 同期したいアプリケーションの「インストール」をクリックすると「インストールする」に表示が切り替わります。

iPhone6アプリの同期 itunes 

Step 4: 以下同様に、同期したいアプリケーション全てをそのようにしたら「適用」をクリックします。

Step 5: iTunes画面メニューバーに、Appleマークが表示されたら同期完了です。

Windows、Mac両機種それぞれのiTunesの使用感は特に変わりはありません。ただ、iTunes、iOS共にバージョンによって画面や操作感が違ってくるので、注意が必要です。

同期できないときはまずはiOSとiTunesのバージョンを最新版にすることをおすすめします。上の方法で一つ一つ消去法で原因を潰してみてください。闇雲に探すよりも早く解決できると思います。基本的な内容ですが、少しでもお役に立てれば幸いです。

iPhone6アプリの同期 

Back to top