Part 1: iTunesを通じてiPhoneでiCalを同期する方法

2つの方法を使ってiTunesを通じてiPhoneでiCalを同期することができます。一つの方法はUSBを通じて、もう一つの方法は無線接続で同期するというものです。iTunesのSummary tabに行きiTunesでiCalを無線で同期するiPhoneの設定オプションがあり、「無線でiPhone を同期する」の次のボックスにチェックをします。両方のデバイスに共有する同じ無線接続を持たなければならず、iPhoneは電源にさしこみ、自動的に同期するためにパソコン上でiTunesを開いたままにしなければなりません。

iTunesを通じてiPhoneでiCalを同期するために下記のステップに従ってください:

ステップ1パソコンでUSBを通じてiPhoneを接続する

iPhoneに搭載されているUSBケーブルを用意しパソコンとiPhoneの両方のデバイスで物理的なリンクを作ります。もし設定タブを開くとiPhoneが接続されていることがわかります。

ステップ2 iTunesを開く

iTunesを開いた後、メニューから「デバイス」タブの下にiPhoneの名前を確認するべきです。ただiPhoneのアイコン部分をクリックしてください。

iTunesを通じてiPhoneでiCalを同期

ステップ3インフォタブを使ってカレンダーを同期する

iPhoneの名前をクリックすると、「インフォ」タブを選ぶオプションがあります。「インフォ」をただクリックして次に「カレンダーを同期する」をタップします。

iTunesを通じてiPhoneでiCalを同期

ステップ4 カレンダーのオプション

全てのカレンダーや特定の一つだけのカレンダーを同期することができます。もし全てのカレンダーをインポート希望であれば、ただ「全てのカレンダー」の次のボックスを選んでください。ただ一つのカレンダーのインポートを希望する場合は、「カレンダーの選択」の次のボックスをタップして、勿論同期するために特定のカレンダーをクリックして下さい。

ステップ5Applyタブを使用する

必要なカレンダーを選んだ後は、最後のステップとしてiPhonにカレンダーをインポートするのに「Apply」タブをクリックします。

Part 2: iCloudを通じてiPhoneでiCalを同期する方法

iPhoneでiCalを同期するもう一つの方法はiCloudを通じて行うことです。多数のパソコンやiPhoneを含むデバイスにカレンダーを自動的に同期するために、iCloudのアカウントを利用することができると知るべきです。Cloudアカウントにサインアップ後iPhoneを含むデバイスを通じてカレンダーのアップデートを転送することもでき、iCloudカレンダーを共有しiCloud上でウェブカレンダーを使用することもできます。

もしiCloudのアカウントを持ち少なくとも10.7.5のバージョンがあればiCalにアクセスできiCloudカレンダーを使うこともできます。もし複数のデバイスやパソコン上でiCloudカレンダーのサービスをセットアップしたら、iCloudカレンダーとリマインダー機能をそれぞれのデバイスやパソコンに最新状態にすることができます。

iCloudカレンダーアカウントを設定しましょう:

 

iPhone6でApple iCalと同期する

iPhoneのシステム環境設定の場合:

  • Step 1: iCloudをクリックして、iCloudにサインインします。
  • Step 2:初めてiPhoneからサインインであれば、iCloudで連絡先、カレンダー、ブックマークを使用したい場合は、「信頼」をクリックする必要があります。ボックスを選択し、「次へ」をクリックします。
  • Step 3: 以前のiCloudにサインインした場合は、iCloudサービスの一覧が表示されます。興味のある項目の横ボックスを選択します。iCloudカレンダーイベントは、iCalで今すぐ表示できます。

 

iPhone6でApple iCalと同期する

iCalで:

  • Step 1: iCalを選択して、「設定」をクリックします。
  • Step 2: アカウントをクリックして、新しいアカウントを追加するには、左下隅にある「追加」ボタンをクリックします。
  • Step 3: アカウントの種類としてiCloudを選択し、iCloudのログインを入力し、「作成」をクリックします。iCloudカレンダーイベントは、今のiCalに見られます。iCalは提供する電子メールアドレスに関連付けられているすべてのカレンダーのアカウントを見つけます。
Back to top