子供を撮影する時には大切なポイント

親御さんとしては、子供の成長は何より嬉しいことだと思いますし、その経過をしっかりと記録に残しておきたいものなのではないでしょうか?そのため、生活の一部分から学校行事、スポーツの習い事など多くの場面を写真で記録している方もいるとは思いますが、子供を撮影する時には大切なポイントがいくつか存在します。

小さい頃のお子さんの写真を撮る

はじめに、小さい頃のお子さんの写真を撮る場合には、何よりカメラの目線が大切になってきます。ペットなどと同じように子供と一緒の低い目線から撮ることで、きちんと可愛らしいワンシーンを収められるはずです。

さらに、このアングルを意識しながらただ撮るのではなく、全体の構図を考えておくことも写真を撮る上では重要です。

ちなみに、子供の姿と背景の比率は、子供の位置を決めた上で全体の3分の1程度が子供、残りの3分の2程度が背景となるようにするのがベストだと思います。収まりの良い写真にするためにもズームなどを使いつつ、バランスを見て撮影をするのも一つの方法です。

子供を撮影する

成長して動き回るお子さんを撮る

さらに、お子さんが成長して動き回るようになると、ピントのズレなどが起きて上手に撮れない場合も出てくるかと思います。そんな時には色々と設定が可能なカメラであれば、シャッターのスピードを速くすると同時に撮り方も少し動きを追うような形がいいかもしれません。また、運動会などスポーツの場面では通過しそうなポイントを決め、ピントを合わせた状態から連写で良い瞬間を確実に狙う方法もあります。

そして、大勢の子供がいる中でわが子の写真を撮るには、ズームでしっかりと捉えながらお子さんを中心のアングルで撮ることが大切です。 それとは別に、多くの子供がいる全体を撮影する時には広角のレンズやカメラなどが用意してあると、よりきっちりとした写真が手軽に撮れるようになります。

子供を撮影する

お子さんの楽しげな姿を動画で記録する

そして、お子さんの楽しげな姿や懸命に頑張っている場面などは写真だけでなく、動画で記録していることもあるかと思います。たくさん写真などを撮ってパソコン上で整理をしていると、ベストショットと感じる写真もあれば、逆光などでちょっと失敗してしまったという1枚も少なからずあるはずです。


そんな時は諦めてしまうことが多いかもしれませんが、実はこのような失敗した写真もあるソフト1つですぐに修正が可能になります。それを実現させてくれる優れたソフトがiSkysoft 「動画編集 for Windows」です。このソフトなら、複雑な操作もせずに明るさなど些細な写真の修正が可能で、動画も一緒に織り交ぜてお子さんの記念の作品を作ることができます。

実際の写真や動画の修正は画面下のタイムラインにあるファイルを選び、編集に移ることで手軽に明るさの微調整ができます。

また、明るさの他にも表示する範囲や回転などの調整もマウスで思い通りに修正ができます。修正を済ませたら、このソフト上でさらに写真や動画ごとにテキストの挿入やオリジナルのナレーションの追加など演出の方法も豊富で印象に残る編集も可能です。

続いて、修正や編集を加えた作品はDVDやiPhone・iPadなど外出先で楽しめる形式にも保存できる利点があります。


このiSkysoft 「動画編集」はWindowsとMacの双方に対応しているだけでなく、ボタンやマウスなどでファイルの追加といった1つ1つの操作がシンプルに行える作業のしやすさが最大の特徴です。そのため、編集という細かな作業でも安心して操作でき、その使いやすさを実感できるかと思います。そして、お子さんの様々な姿をより多く記録する意味でも写真の撮り方に注意しつつ、今回のソフトを駆使して修正や素晴らしい編集をしてみてください。

Back to top