夏の楽しみといえば、海水浴、旅行、夏祭り、ファッション関連のサマーセール、キャンプなどいろいろあると思いますが、何が一番楽しみでしょうか? 花火が一番という方も多いかと思います。 ビールやおつまみ、お菓子を持って仲間や家族とワイワイ飲み食いしながら見る方もいれば、浴衣を着て恋人と二人で見る方もいるでしょう。

その中の多くの方がスマートフォンやデジタルコンパクトカメラなどを手に持ち、写真を撮っていると思いますが、中には知人にその写真を「DVDに焼いて欲しい」「LINEに送って欲しい」と、お願いする方もいるのではないでしょうか。


そのとき、知人に写真ファイルのほかにスライドショーを作成して渡したら、相手は思いも寄らないサプライズにきっと喜ぶはずです。 相手にとっても自分にとっても大切な思い出の作品になります。 そこで今回は撮影した花火写真でスライドショーを作成する方法などをご紹介したいと思います。

最高な花火大会魅力

全国各地で開催している花火大会。 毎年同じ場所から花火を見ても飽きません。演出や花火の色やデザインが違って毎回感激があります。 スマイルマークやハート、スター、魚など、昔と比べると花火の形は多くなっていると思います。

花火師さんたちは花火の打ち上げ練習はできないそうなので、イメージだけで花火を作ってしまうのだとか。 とても想像力が豊かですね。

そのおかげで、今回はどんな形の花火が打ち上がるのだろうかとか、毎回ワクワクしてしまうのでしょう。 色んな形の花火も凄いですが、一番の見所は連続で打ち上がるスタートとクライマックスの花火でしょう。 ドーン、ドーンと花火の音が連続して胸に響き、一瞬スポットライトを浴びたかのように辺りは明るくなります。 大迫力です。 ついつい花火に集中してしまうかもしれませんが、忘れずにカメラのシャッターを押しましょう。

花火写真でスライドショーを作成

撮影した花火写真を「iSkysoft スライドショーメーカー for Mac」を使ってスライドショームービーを作る方法

Mac用のスライドショー専用ソフト「iSkysoft スライドショーメーカー for Mac」を使えば、渡す相手に喜ばれるようなスライドショーを作ることができます。

その手順を説明していきます。 まずは製品画面の「無料お試し」ボタンをクリックし、ソフトをパソコンにダウンロード、インストールをして下さい。

花火写真でスライドショーを作成 

ステップ 1 ソフトに写真ファイルをインポート

ソフトを起動し、「新プロジェクトの作成」ボタンをクリックします。 撮影した花火写真のファイルをソフト画面にドラッグ&ドロップをしてください。 音楽や動画をインポートしたい場合もドラッグ&ドロップでできます。

花火写真でスライドショーを作成 

ステップ 2. スタイルを変更

ソフトには30種類以上ものスタイル(テーマ)が用意されています。 画面右上に表示されているので、好みのスタイルを選択し、画面下のストーリーボードにドラッグ&ドロップすればスタイルを変更できます。

花火写真でスライドショーを作成 

ステップ 3 写真の編集

ストーリーボードから編集したい写真をダブルクリックします。 画面右上に「キャプション」「トリミング」「フィルター」が表示されます。 編集したい項目を選択して行って下さい。

もちろん、カットなど動画の編集や、曲の長さ、音量の調節など音楽の編集もでき、クレジットの設定できます。 また画面中央の「録音」ボタンをクリックすればナレーションを入れることも可能です。

花火写真でスライドショーを作成 

ステップ 4 作成したファイルをエクスポート

画面中央右の「共有」ボタンをクリックします。 表示された画面の「DVD作成」をクリックすればDVDに焼くことができます。 またその画面ではYouTubeにアップロードできるほか、iTunes‎にエクスポートすることもできます。

操作は基本的にドラッグ&ドロップなので、他のソフトを使って操作で挫折した方にも初心者の方にも簡単にスライドショームービーが作成できるオススメのソフトです。 それでも操作が不安だという方は体験版もありますので、是非試してみてはいかがでしょうか。

Back to top