家族で楽しめる映画10選

家族で映画を観ることがあると思いますが、それぞれ好みの映画が違うので決めるのに一苦労だと思います。

そこで参考になればと思いますが、家族で楽しめる映画10選を紹介したいと思います。

1・天空の城ラピュタ

この映画はスタジオジブリ作品の一つで、少年が少女を助けようとする感動の映画です。 家族揃って感動作品を観ることで、絆が一層強まるでしょう。

家族で楽しめる映画10選

2・ピーターパン

この映画はファンタジー映画ですが、ミュージカルさながら歌詞に多くのメッセージがこめられています。 家族揃って鑑賞することで、子供にも良い影響を与え、大人も様々なことを再確認できます。

家族で楽しめる映画10選

3・チャーリーとチョコレート工場

ファンタジー要素が多いのとは裏腹に、内容は人生で大切なものを一つ一つ発見していくというストーリーです。 この映画を家族揃ってみることで、絆を再確認することができるでしょう。

家族で楽しめる映画10選

4・トイストーリー

この映画は感動の映画となっており、友情、絆、勇気などを教えてくれます。 お父さん、お母さん、子供、全ての方の心に響く作品となっているので、家族揃って観ることをおススメします。

家族で楽しめる映画10選

5・ジュラシックパーク

この映画は恐竜が出てきてハラハラドキドキする作品ですが、ただハラハラドキドキするだけでなく、内容も人間に対しての警告と充実しています。 この映画を家族揃って観ることで、自然のありがたみを子供に教えることができます。

家族で楽しめる映画10選

6・ホームアローン

この映画は子供の「一人になりたい」といクリスマスの願いから始まる映画で、子供が様々な戦いから多くのことを学んでいく作品です。 この映画を家族揃ってみることで、より一層の絆が生まれることでしょう。

家族で楽しめる映画10選

7・カンフーパンダ

この映画はアクション色の強い作品となっていますが、それとは反対に内容は、人生を切り開くのは自分自身という深いメッセージがこめられています。 子供と一緒に観て、人生とはどういうものかを教えるのも良いでしょう。

家族で楽しめる映画10選

8・チャーリーと14人のキッズ

この映画は、職を失ったお父さんたちが保育園を立ち上げて、エリート保育園と対抗する内容です。 子育てや絆、更には家族に必要なものを教えてくれる映画なので、家族揃ってみると良いでしょう。

家族で楽しめる映画10選

9・ライオンキング

この映画はディズニー映画の中でも人気の作品で、少年が立派に自立していく内容となっています。 奥深い映画なので、映画を観ながら思った感想を交換して、家族の絆を深めることができます。

家族で楽しめる映画10選

10・トランスフォーマー

この映画はロボットが出てくるアクション色の強い作品で、CGが多く使われており、ハラハラドキドキの大迫力となっています。 ロボットが出てくるので子供にもなじみ易く、家族揃ってハラハラドキドキしたい場合におススメです。

家族で楽しめる映画10選

このように、家族で楽しめる映画10選を紹介しましたが、これらの映画何回も観ているとDVDに傷がついてしまう場合があります。 その場合、パソコンの変換ソフトを使って形式変換し、お使いのスマートフォンやタブレットに入れておけばDVDを傷つけることなく何時でも観ることができます。
しかし、スマートフォンやタブレットで映画を観ると「画面が小さくて多人数では観ることができない」という意見が多くあります。

変換ソフトを使って楽しめる映画を変換してDVDにコピーする


他にも良い方法として、パソコンの変換ソフトを使って変換してDVDにコピーするという方法があります。 DVDにコピーしておけば元のDVDを傷つけることがなく、更には旅行の時にナビで映画を観ることもできて非常に便利です。
そこでMacをお使いの皆様には「iSkysoft DVD Burner for Mac」というソフトを紹介したいと思います。 「iSkysoft DVD Burner for Mac」はあらゆる形式に変換し、簡単にDVDに入れることができます。

DVDの作成方法は以下のとおりです。

1・「iSkysoft DVD Burner for Mac」を立ち上げ、「+」をクリックしてファイルを選択、もしくはファイルをドラッグします。

2・DVD作成ボタンをクリックしてDVD名などの必要な項目を入力して「保存」をクリックすれば完成です。

このように「iSkysoft DVD Burner for Mac」は初めての方にも安心してDVDを作成することができます。 「iSkysoft DVD Burner for Mac」で元のDVDを傷つけることなく、楽しく映画鑑賞してみてはいかがでしょうか。

Back to top