パソコンやスマートフォンを利用している方々は、Wed上やメールでPDFファイルを閲覧したことがあるかと思います。 お使いのパソコンなどにPDF閲覧ソフトがインストールされていれば、PDFを閲覧できることは知っていても、PDFから他のファイル形式へ変換できることは知らないという方々もいるでしょう。 もしくは、変換は難しいというイメージをお持ちの方々もいるのでないでしょうか。

そこで、今回は簡単にPDFを入力可能なフォームに変換する方法などをご紹介します。

Part 1: WindowsでPDFを入力可能なフォームに変換する方法

PDFを入力可能なフォームに変換するのには専用のソフトが必要です。 選んだソフトによっては操作方法が難しい、正しく表示されないなど、作業効率が上がるどころか、下がってしまうかもしれません。 そこで、操作も簡単で、変換もぱぱっとできるPDF変換ソフト「iSkysoft PDF変換 プロ for Windows」をオススメします。

変換するまでの流れとしては選択する項目が少ないのでわかりやすく、パソコンに詳しくなくてもすぐに慣れることができるでしょう。 あっという間に、入力可能なフォームに変換できます。 PDFからWord、Excelのほか、PowerPoint、EPUBなどの形式にも変換できますし、それらからPDFを作成することも可能なので、とても便利なソフトです。

iSkysoft PDF Converter for Mac 

Step 1

iSkysoftのPDFコンバータを実行して、PDFファイルをインポートします。プログラムのインターフェイスに複数のPDFファイルをドラッグ&ドロップすることがあります。出力形式を設定のボタンをクリックします。

load PDF

Step 2

出力形式としてWordドキュメントを選択してください。 お使いのiMacやMacBookにPDFをWordに変換する前に、出力形式としてWordドキュメント形式を選択します。出力形式の設定を確認し、「OK」をクリックします。

select output format

Step 3

PDFファイルをWord入力可能なフォームに変換開始します。 プロセスで「変換開始」ボタンをクリックします。仕上げのドキュメントを表示するには、ファイルを開くことができます。

入力可能なフォームにPDFに変換する方法に関するビデオ:

Part 2: Mac上で入力可能なPDFを作る方法

Mac上で入力可能なPDFを作るのには先ほどオススメしたPDF変換ソフトのMacバージョン、「iSkysoft PDF変換 for Mac」を使う方法もありますが、PDF編集ソフト「iSkysoft PDF編集 for Mac」を使う手もあります。

このソフトを使えば、PDFファイルにテキストを追加させたり、画像を入れたり、PDFの編集や作成ができます。 使い始めは操作が難しいかもしれませんが、使い慣れてしまえばWordやExcelよりも使いやすいところがあるでしょう。

iSkysoft PDF editor 

Mac上でPDFの入力可能なを作成する手順

Step 1

PDFフォームを開きます。 プログラムを起動します。メインインターフェイスには、ファイルを開くをクリックすると、ポップアップダイアログが表示されます。そして、プログラムにブラウザしたいPDFをインポートフォームは、このPDFツールで開かれます。

Edit PDF form

Step 2

PDFフォームに必要事項を入力します。

インタラクティブPDFフォームを開くと、ファイルが自動的に認識され、形が強調表示されます。単に記入や情報を変更するには、任意のフィールドをクリックしてください。

ヒント: また、編集ソフトですがWord形式に変換も可能です。 この記事でご紹介したソフトは無料版があるので、まずは使い勝手を試してみるのもいいでしょう。

fill out PDF form

Part 3: なぜPDFを入力可能なフォームに変換する必要がありますか?

PDFを入力可能なフォームに変換しなくても、商品の取扱説明書やレストランのメニュー表など、Wed上にあるPDFの閲覧さえできれば、十分という方々もいるでしょう。

しかし、PDFに文字を入力したい、情報を付け足したい、修正したい、といった手を加えたいPDFもあるでしょう。 それをWordやExcel形式に変換することによって文章入力はもちろん、表や図を入れることも、内容を変更することも可能になるのです。

Back to top