PDFをエクセルに変換・Excel(xls)をPDFに変換する方法とソフト


Yahoo知恵袋ではこんな質問がよく出ています。

 ・ 渡されたPDFファイルをエクセルに取り込んで再編集したい。
 ・ PDF内の表をエクセルに変換して、データとして再分析したい。
 ・ 数多くのPDFファイルを一括でExcelに変換したい。
 ・ 作成されたExcelファイルをPDFに保存して紙書類に作成したい。

会議で分析された図表データを共有するとき、そのExcel(xls)データをそのままPDFに保存・変換して、紙書類として印刷するのは一般的です。しかし、そのPDFファイルにあるデータをコピーして、エクセルに取り込んで、再分析したい場合、まず、PDFをエクセルに変換しないとできないです。。少し調べてみれば、PDFを(Excle)エクセルに変換するフリーソフト・オンラインツールはさまざまありますが、、一括で複数のPDFファイルからExcelを変換しようとするときに、無料のものはなかなか順調に使えなくて、文字化けなどが出てくる可能性が高いですね。

ここで、PDFをエクセルに変換する無料・有料ソフトと方法TOP5紹介したいと思います。ご使用場面に応じて選択してくださいね。

* エクセルからPDFに変換するには、作成されたExcelファイルをPDFという出力形式に選択し保存すれば、無料でExcel(xls)をPDF化にさせます。また、この記事で紹介したソフトを使ってExcelをPDFに変換することも可能です。

 TOP1. iSkysoft PDF変換 プロ for Windows

「PDF変換プロ for Windows」を使ったら、PDFからエクセル・ワードなどのおフィルファイルをシンプルな操作で変換できます。また、OCR機能も備わっているので、スキャンされたPDFもエクセルに変換できます。しかも、PDFの表などのレイアウトをそのまま、エクセル化にできます。 一括で複数のPDFをExcelに変換することも可能で、PDFからページを選択して、部分的に変換する機能も備わっています。逆に、ExcelからPDFに変換するのもわずかなステップで実現できます。

このソフトがあれば、PDFからExcel、またエクセルをPDFへの変換が自由自在になります。
ソフトはMac版もありますので、ご使用のシステムに応じてダウンロードして、試しましょう!

    

iskysoft-pdf-converter-pro-windows


「PDF変換 プロ for Windows」を使って、PDFからExcel(xls)に変換する方法をご説明します。


Step 1 Exce(xls)に変換したいPDFファイルを取り込む

まずは、エクセルへ変換したPDFファイルを取り込みます。ファイルを取り込むには二つ方法があります。

方法①:ドラッグ&ドロップで、直接デスクトップからソフトにファイルをドラッグします。
方法②:「PDFファイルを追加」ボタンをクリックして、ファイルを選択して追加します。

「TIPS」:複数のPDFファイルを同時にソフトに取り込むことができます。

Exce(xls)に変換したいPDFファイルを取り込む

Step 2 PDFファイル追加後、変換の出力形式にExcelを選択する

インターフェース画面右側にある「出力フォーマット」で「Microsoft Excel(.xls/.xlsx両方とも対応)」をPDFファイルの出力形式に選択します。

「高度設定」ボタンをクリックして、レイアウトを保持するかどうかを選択します。
「選択されたページ」で、Excelに変換したいPDFのページが指定できます。

出力フォルダーを指定して、「PDFからExcelに変換する」前の準備が終わります。

※「.xls」は従来のExcel2000/2002/2003ファイルの拡張子。「.xlsx」はExcel2007とその以降バージョンの拡張子です。

PDFファイル追加後、変換の出力形式にExcelを選択する

Step 3 PDFデータをExcelに変換開始

設定が終わったら、「変換開始」ボタンをクリックして、PDFデータをエクセルに変換する作業が始めます。 変換が終わったら、設定されたフォルダにエクセルファイルを確認することができます。

以上の手順に従って、簡単かつ高速にPDFをエクセルに変換することを無料で実現しました。

このソフトの無料ダウンロード版を使うなら、変換枚数の制限がありますが、「とりあえず変換してみたい」といった用途にもぴったりなので、長期的にたくさんのデータを変換する予定がない場合、まずはお試しに体験版を使ってみましょう 。

PDFをエクセルに変換開始

操作ビデオ PDFをエクセルに変換する操作手順

ここで、「PDFからExcelデータへ変換する手順」を録画しましたが、ご参考ください。もし、なにかわからないところでもありましたら、いつでも下記載コメントにてご記入くださいね。

では、下記ボタンをクリックして、PDFをエクセルに変換しましょう!

おすすめソフト②: Small PDF

PDFをExcelに変換できる無料オンラインツールとして人気を集めています。Excelの他、WordやHTML、JPGなどへの変換も可能です。変換操作はシンプルで、パソコンの初心者でも簡単に扱えます。

デメリットとしては、オンラインツールなので、まずPDFファイルをアップロードしてからExcelに変換できる点です。あとは、ファイルの安全性や、変換速度は少し心配ですね。
複数のPDFデータを一括でエクセルに変換するには有料にアップグレードする必要があります。

おすすめソフト③  PDF reDirect

エクセルをPDFに変換するフリーソフト。仮想プリンターとして使用でき、ワードや エクセル、画像ファイル等の印刷でPDF形式に出力し、保存することでPDFへ変換できます。変換以外は、複数のPDFを結合するや、パスワードを設定した暗号化やフォント埋め込みにも対応しています。海外製ソフトですが、日本語で使用できるのでおすすめします。

エクセルのデータが複雑である場合は、PDFに変換した後、レイアウトがずれる可能性もあります。また、操作としては少し手間がかかりますが、フリーで使えるので、手間かかるとしても仕方がないと思います。

pdf-redirect

おすすめソフト④ 瞬簡PDF 変換 8

PDFファイルをエクセル・ワード・画像などへ変換するソフトの中で人気を集めています。操作の簡単で、変換の精度が高いため、単純でPDFをExcelなどのデータに変換したいならこのソフトで充分使えますよ。ファイルの一括変換も対応していて、効率に使えると思います。

しかし、PDF変換という単なる機能だけで、価格から見れば、少し高いと感じます。

syunkanpdf

おすすめソフト⑤ Soda PDF

モジュラー型PDFソリューションの代表作ソフトで、エクセルやワードなど300種類以上のファイル形式からのPDFに変換に対応しているそうです。高級版なら、OCR機能も備わっているので、スキャンされたPDFファイルをレイアウトそのままでエクセルデータに変換させます。

PDF の表示、作成、印刷はすべて無料で使えますが、PDFをエクセルなどのファイルへ変換する機能なら14日間無料試用可能になっています。多くの機能が欲しい方には、結構高額になります。

soda-pdf5

Back to top