Adobe Acrobat並みの代用ソフトをご紹介

AdobeのPDFといえば知らない人はいないと思います。まずどんなPCでも閲覧できるソフトで、専用ソフトもネット上から無料でダウンロードできる優れものなんです。

ですが、あくまで閲覧用として使用できるだけなので、変換や編集までは対応していません。いくら便利でも様々なファイルに変換して、別のアプリケーションでも編集できないと便利さは感じないと思います。

そこで紹介したいのがAdobe Acrobat並みの代用ソフト「iSkysoft PDF編集 Windows用です。

Nuance PDF Reader

Part 1: Adobe Acrobat XI Standard VS Adobe Acrobat XI Pro

Acrobat DCにはAdobe Document Cloudサービスが含まれ、必要なPDFツールとファイルにどこからでも簡単にアクセスできます。詳しくは、 プランと価格または Acrobatの機能をご覧ください。

バージョン

価額

特徴

ダウンロード先

Adobe Acrobat Standard DC

1380円/月
  • スキャンしたテキストを文字認識し、間違って認識されている可能性があるテキストを、並べて表示した画面でプレビュー、修正
  • 文書の写真をクリーンアップして背景を除去し、ゆがみを調整
  • ファイルをオンラインで送信、トラック
  • 紙またはWord文書を入力可能なPDFフォームに変換

Adobe Acrobat XI Pro 無償体験版

無料
  • あらゆるPDFコンテンツを表示、操作
  • モバイルデバイスでフォームに入力、署名、コメント
  • ハイライトやノートなどの注釈ツールを使用して、PDFにコメントを追加

Adobe Acrobat XI Pro

1580円/月
  • Microsoft Word for Macで高品質のPDFを作成
  • アクションウィザードに従って一貫性の高いPDFを作成
  • PDFを自動的に最適化してファイルサイズを縮小、または事前にカスタマイズ

Part 2: AcrobatでPDFを変換ソフトのダウンロードとインストール

最初のアプリケーションは、Creative Cloud Web サイトからインストールします。それ以降のアプリケーションは、Web サイトを使用することも、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用することもできます。アプリケーションのインストールには Creative Cloud メンバーシップへの加入が必要です。

adobe pdf converter install

無償の体験版でアプリケーションを使用するには、Creative Cloud 無償メンバーシップをご利用ください。

Step 1: 初めてアプリケーションをダウンロードする場合は、Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーションがダウンロードされ、コンピューターにインストールされます。

Step 2: その後は Creative Cloud デスクトップアプリケーションによって残りのインストール処理が管理されます。

Step 3: Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用してアプリケーションをインストールおよびアップデートします。

Step 4: 以前のバージョンのアプリケーション(CS6 など)をダウンロードおよびインストールします。

Part 3: Acrobat PDF変換ソフトのレビュー

Adobe Acrobat XI Proは、WordやExcelなどのファイルをPDFに変換したり、PDFファイルをWordやExcelなどのファイルに変換できるソフトウェアです。ビジネス上、Wordなどで編集した文書をPDFファイルとして提出しなければならないといった時などの強い味方となってくれるでしょう。

Adobe PDF Converterの良い点:

  • PDFをWordやExcelなどのファイルに変換できるEasy to use
  • WordやExcelなどのファイルをPDFに変換できる
  • PDF内のテキストや画像を編集できる

Adobe PDF Converterの惜しい点:

  • PDFから他のファイルへの変換時に多少のズレが生じるかも
  • 日本語は文字化けすることがある

Part 4: Adobe Acrobatの代わりになるソフト

iSkysoft PDF編集+OCR for Windows

Adobe Acrobatの代わりになるソフトiSkysoft PDF編集 Windows用の特徴を紹介します。

このソフトを使う事によりPDFを扱っているとは思えないほど、自由にフォントサイズなどの編集が可能なのです。つまりマイクロソフトのwordで編集しているといっても過言ではないくらいの編集が可能なのです。

iSkysoft Adobe Acrobatの代替ソフトが選ばれる理由

PDF変換

PDFから様々なマイクロソフトのアプリケーションへのファイル形式に変換できます。 代表なのがWord、Excel、HTML、PowerPoint、EPUBです。

PDF作成

マイクロソフト社が開発しているアプリケーションでもPDF作成が可能になるのです。 ですが、このソフトは他のアプリケーションに変換しなくても様々なPDF作成が使えるのです。

PDF編集

メモ、テキストボックス機能や四角形、楕円、雲などの注釈をつけ、フリーハンド描画ツールを使用して詳細な注釈を作る機能など細かい編集が可能です。また、種類、作成者、日付、ページなどのコメントを管理する事が出来ます。さらに複数あるPDFファイルを一つのPDFファイルとしての変換も可能なのです。

PDF OCR機能

これだけの編集機能があれば、PDF OCR機能のままでも対応できます。 仕事でよくPDFファイルを使うという方には是非お勧めしたいソフトになります。

iSkysoft > PDFを他のOffice形式に変換>

Adobe Acrobat並みの代用ソフトをご紹介

関連記事

ユーザーコメント

PDF編集+OCR for Windows

お客様から画像ファイルをPDFにしたいですが、調べたところ、このソフトを見つけました。意外に簡単に出...

- 大和

PDF編集 for Mac

最初とまどいましたが、慣れてくれば使いやすいです、とにかくやさしい編集ソフトだと思います、初心者...

- ami

Back to top