PDFファイルをEPSに変換する方法

EPSとはロゴや地図、レイアウトなどの画像を取り扱うためのファイルフォーマットのことです。今回は、PDFファイルからEPSファイルに変換する必要があるときの、効果的な方法を解説します。PDFからEPSへ品質を損なうことなく、変換することが可能です。Bitmap、PostScript、Vectorについてもお読みいただければと思います。

Part 1: Mac、WindowsまたはUbuntuでPDFをEPSに変換する方法

Ubuntuで PDFフアイルをEPSに変換する

UbuntuでPDFフアイルをEPSに変換する には、「pdftops」が良いでしょう。

価格:無料

「pdftops」をダウンロード

Ubuntuで PDFフアイルをEPSに変換する

WindowsPDFフアイルをEPSに変換する

Windowsでは「Office converter」をオススメします。無料ですが、オンラインでの提供になります。お好みのPDFファイルをアップロードして変換作業を行います。サインアップすると利用可能サイズが増加します。

価格:無料

「Office converter」をダウンロード

Windowsで PDFフアイルをEPSに変換する

MacPDFフアイルをEPSに変換する

Macで変換を行うなら「Image Converter for Mac」が便利です。多目的に利用でき、Macユーザー向けにデザインされています。PDF、PNG、BMP、TIFF、JPEGなど沢山のファイルに対応しているだけでなく、ナビゲーションキーを使って画像をプレビューすることもできます。

価格: 無料/$14.95

「Image Converter for Mac」をダウンロード

Macで PDFフアイルをEPSに変換する

Part 2: EPSファイルを見る方法

EPSファイルを開くのはとても簡単です。MacまたはWindows PCにはEPSファイルを開けるソフトが標準でついています。

Microsoft Word: Microsoft WordはEPSファイルをドキュメントに貼り付けることで見られます。 ドキュメントを開いて、その上にEPSファイルをドラッグ&ドロップするだけです。

バージョンによっては挿入メニューからでないとできないものもありますので、ご了承ください。GhostscriptやGimp、Photoshopなどでも閲覧可能です。

Part 3: EPS、Bitmap、PostScript、Vectorの概要

• EPS

EPSとはEncapsulated Post Scriptの略で、PostScriptによるベクタ方式の画像データのことです。ベクタデータとビットマップデータを組み合わせた画像を保存できます。EPSはJPEG、PNGなどの形式と同じようにメールに添付したり、文章作成ソフトのファイル内に貼り付けたりもできます。

• Bitmap

文字をコンピューター上で表現するためのデータ形式のことです。具体的には、小さな点(ドット)の集合体ですべての文字を表します。

• PostScript

Adobeによって開発されたページ記述言語のことです。高品位の印刷が可能となっており、現在のPDFに対応しているLevel 3が最新です。

• Vector

Vectorそのものは数学の概念で、向きと大きさを持つ量という意味です。画像処理の分野では、点の座標とそれを結ぶ線や面の集合で表現します。

Back to top