NumbersにPDFを変換する方法まとめ

なぜPDFをNumbersに変換する必要があるのか?
PDFファイルをNumbersで編集したいと思っても、NumbersはPDFファイルをサポートしていないのでインポートすることが出来ません。 PDFファイルをNumbersで編集するには、PDFファイルをNumbersと互換性のあるExcel形式に変換する必要があります。

Part 1: iSkysoft PDF変換 for Macを使って、PDFをNumbersに変換する方法

PDFファイルをExcel形式に変換させるのは、適切なソフトウェアを持っていないと難しい事ですが、私が紹介する「iSkysoft PDF 変換 for Mac」があればPDFファイルを誰でも簡単にWord、Excel、PowerPoint、EPUB、RTF、HTML、テキスト文書、画像はJPG、PNG、GIF、BMP、TIFFに変換することが出来ます。これでPDF ファイルを Excel 形式に変換して、なんの問題も無くNumbersで編集することが出来ます。

iSkysoft PDF Converter for Mac

「iSkysoft PDF 変換 for Mac」が選ばれた四つの理由

フォーマットをエクスポート

PDFフアイルをText、Word、Excel、PowerPoint、EPUB 電子ブック, HTMLなどの形式に変換する可能です!

バッチ変換モード

時間を節約するために、同時に200 PDFファイルを変換できます。

部分変換モード

ページ範囲を変換することができます。

ロックされたPDFを変換可能

ロックされたPDFを変換することもできます!

iSkysoft PDF変換 for Macを使って、PDFをNumbersに変換する方法

Step 1

PDFファイルをインポート:まず、iSkysoft社のホームページからiSkysoft PDF 変換 for Macをインストールします。 インストールが済んだらソフトを起動して、PDFファイルをドラッグ&ドロップでインポートします。

PDFファイルをインポート

Step 2

出力形式としてExcelを選択:歯車アイコンをクリックしてWord、Excel、PowerPoint、EPUB、RTF、HTML、テキスト文書、画像はJPG、PNG、GIF、BMP、TIFFの中から出力形式を選びます。
今回はNumbersと互換性のあるExcelを選択します。

出力形式としてExcelを選択

Step 3

変換を開始してExcelをNumbersでインポート:変換開始ボタンをクリックすると変換が開始され、変換開始ボタンがキャンセルボタンに変化します。 変換が終わったら、先ほどのExcelをNumbersでインポートして編集することが出来ます。

操作デモにご覧ください。

Part 2: iPadやiPhoneでPDFをNumbersに変換する方法

MacでNumbersを使用した時と同様に、iPadやiPhoneでNumbersを使用した時も、 NumbersはPDFファイルをサポートしていないので、インポートすることは出来ません。 PDFファイルをインポートする場合は、形式の変換が必要になります。 そんな時に、Recosoft社のPDF to Numbers by PDF2Officeというアプリをお勧めします。 このアプリはiPadやiPhoneを使い、PDFファイルを数回のステップでメール用、PNG、JPEG、Numbersなどの形式に変換します。 また、変換する範囲をページ単位で選択することも出来ます。

PDF to Numbers by PDF2Officeを使ってPDFをNumbersに変換する方法

Step 1: まずApple StoreでPDF2Officeのアプリを購入、インストールします。

Step 2: インストールしたアプリを起動して、変換したいPDFファイルにアクセスします。

Step 3: PDFファイルの変換したい範囲を選択して出力先を選択します。

Step 4: 出力形式一覧の中からNumbersを選び、開始ボタンを押します。

このソフトとアプリを使えば、家のパソコンがMacで会社のパソコンがWindowsだったとしても、どちらでも編集作業が出来ますし、外出先や通勤中はiPhoneやiPadでも使えて場所を選ばず編集作業が出来て便利ですね。

  iPad,iPhoneでPDFをNumbersに変換

Back to top