iPhone7(アイフォン7/6S)の些細ながら気になる点



世界中で一番多くの人々が使っているスマートフォンといえば何でしょうか。あのメーカーやこのメーカーと名前はあがりますが、やっぱりApple社製のiPhoneが一番使われているのではないでしょうか。日本国内でもiPhoneの人気は高く、スマートフォンにするならAndroidよりもiPhoneを選ぶ人が多いでしょう。予めいっておきますが、Androidの人気はないのかというとそんなことはありません。ただただiPhoneが出た当時はあまりにも画期的だったため自然と人気に火がついたのかもしれません。

さて、そんなiPhoneですが、2015年になって新しいiPhone 7が登場するのではないかといわれ始めています。
すでにコンセプトデザインやスペック、発表や発売日などの情報がインターネット上で出まわり始めているのです。

そこで、現在出まわり始めているiPhone 7と思われる情報の中からいくつか皆さんに紹介をしていきたいと思います。


Part 1: 注目のiPhone 7(アイフォン7/6S)の薄さは?

iPhone 6が登場した時には厚さ6.9mmで、その薄さが話題になっていました。こんなに薄くなってもさくさく動くiPhoneは凄いと思ったものです。一方ではその薄さが原因で、iPhone 6をズボンの後ろポケットに入れていたら折れ曲がってしまったということでも話題になってしまいました。

iPhone 7の薄さはiPhone 6と比較するとどうでしょうか。

噂程度でしかありませんが、薄さは変わらないのではないかといわれています。iPhone 6の薄さで折れ曲がったという話があったのに、特に変わらないとなればまた折れ曲がる可能性があるのではないか。

そう思われても不思議ではありませんが、iPhone 7ではサファイアガラスを採用するのではないかという話がでているので強度はiPhone 6と比べて頑丈になるのではないでしょうか。

iPhone7/6sの薄さ1

Part 2: ホームボタンがなくなる?

現在出まわっている情報の中にはホームボタンがなくなるというものもあります。機能そのものがなくなるわけではないのですが、iPhone 7(アイフォン7/6S)になるとAndroidのように画面の中にホームボタンが存在するようになるのだとか。というのも、これまではホームボタンのためにほんの数cm何もない縁が存在していました。

iPhone 7は前面全てが画面になったフルスクリーンモデルで登場するのではないかといわれており、ホームボタンのための縁をなくしたことで画面内に埋め込んでしまったというわけなのでしょう。

今まで縁として存在していた空間まで画面として使おうとするところは、Appleの「無駄な部分を徹底的になくしていく」という考えがよく反映されているのかなと思いました。

iPhone7/6sの薄さ2

Part 3: そのほか

他にもiOS 9や新機能、スペックなどの情報も多く出まわっているのですが、どれも公式発表されている情報ではありません。

それでもこれだけそれっぽい情報が出回るということは、それだけ新しいiPhone 7に期待しているということだといえるのではないでしょうか。

iPhone7/6sの薄さ3

iPhone7(アイフォン7/6S)用データ復元ソフト

iSkysoft iPhone データ復元 for Windows

簡単にiPhoneのデータを取り戻せます!

  • iPhone/iPad/iPod touchから、紛失した連絡先、写真、ビデオ、SMS、通話履歴などのデータを復元
  • iTunesバックアップファイル/iCloudバックアップファイルから、データを復元
  • 最新のiOS 8.4や全シリーズiOS対応
  • オリジナル品質でスキャンされたファイルをプレビュー可能
  • 数クリックでスキャンされたデータをPCに保存
Back to top